苫小牧駅


苫小牧市の中心駅であり、室蘭本線と千歳線の列車が発着するほか、日高本線も分岐している要衝である。なお、写真の駅舎は南口から撮影したものである。

苫小牧駅の様子


駅看板1 駅看板2
長万部方を望む 岩見沢方を望む
北口の様子 名所案内


駅情報


2面4線をもつ有人駅で、みどりの窓口、旅行センターがある。kitacaエリアの終端であるため、札幌方面へはkitacaが使えるが、室蘭方面や岩見沢方面、日高線方面では使うことができない。
寝台特急を含めた全列車が停車し、千歳線方面、岩見沢方面、室蘭方面、日高線方面の普通列車はほとんどが当駅止まりであるため、交通の要衛になっている。4番線の北側には側線があり、苫小牧運転所に繋がっている。
駅の東には苫小牧貨物駅があり、札幌貨物ターミナルの補完的な役割を果たしている。主にコンテナ貨物を扱っている。
駅周辺には大型の商業施設やホテルが立ち並び、市街地も広がっている。このうち、ESTA、長崎屋、旧ダイエー、旧丸井今井、トマモール、egaoは連絡通路で駅に直結している。このほかにも、駅前商店街や苫小牧市役所、市営バスターミナルなどの主要施設が駅周辺にある。また、製紙工場や貯木場も広がっている。

[2010/02/21,長澤倫太郎]

隣接駅


沼ノ端  ←  苫小牧  →  青葉/勇払  




Copyright 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)