栗山駅
室蘭本線


栗山町の中心駅である。周辺の駅と比べて駅前はきれいに整備されている。

栗山駅の様子


駅看板1 駅看板2
苫小牧方を望む 岩見沢方を望む
マップ1 マップ2
待合室の様子 「くりやまカルチャープラザEki」


駅情報


2面2線の構造を持つ簡易委託駅。窓口ではJRの乗車券の他にバスの乗車券も扱っている。かつては夕張鉄道が分岐しており、交通の要衝となっていた。現在もその役割は健在であり、町営バスの他に札幌、岩見沢、夕張、長沼、江別方面へのバスが発着する大規模なバスターミナルを有している。駅舎は2000年に建て替えられ、待合室やトイレなどもきれいに整備されている。また、その際に合同駅舎になり、「くりやまカルチャープラザEki」という名前が付いている。
駅周辺には栗山町の市街地が広がっている。徒歩5分ほどの場所にセブンイレブンがあるほか、駅前通りには様々な商店が店を連ねている小さな公園もあるので、休憩などにはちょうどいいだろう。

[2009/09/11,長澤倫太郎]

隣接駅


 由仁  ←  栗山  →  栗丘  




Copyright 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)