黒松内駅
函館本線


 黒松内町の中心駅であり、かつての寿都鉄道との接続駅でもある。駅ナンバリングはS30である。

黒松内駅の様子


駅名板1 駅名板2
小樽方向を望む 長万部方向を望む
小樽方向を望む 長万部方向を望む
kuromatsunai_beech2_large.jpg
北限ブナの木 北限ブナの木の説明
(画像クリックでこの画像を拡大表示)

駅情報

 黒松内町の中心駅であり、駅から徒歩10分の範囲に個人商店・Aコープ・精肉店といった商店や寿司店などの飲食店、役場等の公共施設が存在する。
 なおコンビニは駅から長万部方向に徒歩15分の市街地の端にセイコーマートが存在する。
 当駅のある黒松内町はブナ自生の北限の地として知られており、当駅から南へ徒歩30分のところにあるブナセンターを中心とした散策路が設定されている。

 また,当駅は寿都鉄道の分岐駅であったため、現在でも海岸沿いの寿都町までのバスが一日5往復発着している。この寿都行きのバスのうち2往復は長万部始発であり、残りの3往復は黒松内温泉始発である。
[2010/03/13,柏 達哉]

隣接駅


蕨岱(廃)  ←  黒松内  →  熱郛



Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)