8100形
函館市交通局

hct8100-01.jpg

 函館市交通局8100形は、800形807号を車体更新して登場した部分低床の路面電車である。主抵抗器、補助電源を屋根上へとあげ、入り口を下げることによって特殊な台車でなく低床部分をつくりだしている。9両製造される予定であったが、現在までに製造された車両は1両にとどまっている。

[2010/4/14]


Copyright c 1997-2010 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)