あちこちで作例を見ることのできる,道内撮影スポットの定番.カシオペア,トワイライトEX,北斗星1号,高速貨物が入れ喰い状態になる土曜の早朝がお薦め.ただし,年々沿線の木が伸びてきており,構図に制約を受けるようになってきている.下り列車に対して午前中順光(だと思う).
 なお,礼文華の読みは「れぶんげ」である.


アクセス

(広域)

より大きな地図で 撮影スポット情報/室蘭本線(長万部~苫小牧) を表示

(詳細)

より大きな地図で 撮影スポット情報/室蘭本線(長万部~苫小牧) を表示

青色の目印…撮影地点A
赤色の目印…撮影地点B
緑色の目印…撮影地点C

礼文駅から徒歩 30 ~ 40 分.車では,早朝に北大を出て,概ね制限速度を守りつつ 2.5~3.0 時間が目安.撮影地点AとBの中間地点付近の東側にちょっとした空き地があり,ここに駐車するのが良いと思われる.詳しくは下の写真を参照.画面奥のカーブが撮影地点A,画面中央に緑色の車が停まっているところが件のスペースである.
なお,撮影地点Aのカーブは道幅が広くなっており,駐車できないことはないが,交通量が多く大型車が頻繁に通過する地点のため,この場所への駐車は避けた方が良い.



作例(撮影地点A)

定番の撮影場所.広角気味に撮影すると良いかも.
年々木の枝が伸びており,季節や構図を工夫しなければならない.

rebunge1a$.jpg
撮影日時 2006-09-17
焦点距離 35mm換算:45mm程度

rebunge1b$.jpg
撮影日時 2006-09-17
焦点距離 35mm換算:100mm程度

作例(撮影地点B)

カーブの外側から.数年前であれば側面が撮れたと思われるが,現在ではこの通りである.

rebunge2$.jpg
撮影日時 2007-06-23
焦点距離 35mm換算:45mm程度

作例(撮影地点C)

カーブの内側から.編成側面が狙える.

rebunge3$.jpg
撮影日時 2007-06-23
焦点距離 35mm換算:45mm程度