本桐駅
日高本線


新ひだか町三石本桐にある駅で、日高本線で最も南にある交換駅である。

本桐駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景(様似方向を望む) 駅の風景(苫小牧方向を望む)

駅情報


 日高本線で最も南にある交換駅であり、唯一の付近に町役場の無い交換駅である。日高本線の中では唯一同じ町内に交換駅が二つあるのが新ひだか町である(当駅と静内駅)。付近は牧場や畑が広がっている。コンビニは7km近く離れている日高三石駅付近まで行かないと無い。駅前通りを進むと比較的大きな道(道道234号)に出る。この付近には商店や郵便局、電気屋、書店などがある。

 代行バスは道道234号上のバス停に停車する。駅前には入らない。

[2008/04/20,柏 達哉]
[最終更新:2016/10/16、乗リツ]

隣接駅


蓬栄  ←  本桐  →  荻伏



Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)