糠平駅


糠平駅は廃線となった国鉄士幌線(帯広十勝三股)の駅である.

糠平駅跡の様子


整備された駅名板 上士幌町鉄道資料館
保存される車掌車 廃線跡も整備されている

駅情報

 糠平駅は1937年に開業し、1955年にダム建設による線路付け替えのため移転し現在の位置となった。1978年の糠平 - 十勝三股間バス代行輸送開始後も当駅までは鉄道による輸送が継続された。1987年の士幌線廃止とともに廃駅となり、廃止後は上士幌町鉄道資料館として整備されている。
 公共交通で行く場合、帯広駅から十勝バス51系統ぬかびら線で十勝バス糠平営業所下車、川側に坂を降りて行く道があるのでそこを降りるとたどり着く(キャンプ場に行く道と間違えないように注意)。

[2009/6/27,武内]
[最終更新:2017/05/06、乗リツ]

隣接駅


黒石平  ←  糠平  →  幌加



Copyright c 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)