幌加駅


 幌加駅は国鉄士幌線に存在した駅である。

幌加駅の様子



駅名板 構内のみレールが残されている
horoka_other04.jpg
ホーム横にも構造物が残っている 駅の歴史
(クリックで拡大)

駅情報

 1939年に開業した。1978年に糠平十勝三股間がバスによる代行輸送となったことで幌加駅は事実上休止となり、1987年の士幌線廃止とともに正式に廃駅となった。現在は保存団体により保存されている。駅構内ではポイントを動かすことができる。
 公共交通で訪れる場合、最寄りのバス停は旭川 - 帯広間の都市間バス「ノースライナー」の幌加温泉バス停となる。また、NPO法人「ひがし大雪ガイドセンター」のツアーに参加することでも行くことができる。
 駅跡付近には駐車場が整備されている。

[2008/10/13,武内]
[最終更新:2017/05/06]

隣接駅


糠平  ←  幌加  →  十勝三股



Copyright c 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)