レール削正車
JR北海道(北海道ジェイ・アール商事)

jrhspeno-01.jpg

 レール削正車(Rail Grinding Train)とは、線路の頭部を削り、適正な形状にする保線機械である。JR北海道で使用されているレール探傷車はスペノ製のRR16 M6B-28であり、2005年に納入され、北海道ジェイ・アール商事が保有し、JR北海道へリースする形をとっている。

 動力車と削正車によって構成され、北海道のレール削正車は削正用砥石が16個あるタイプである。作業は線路封鎖が必要であるため、夜間に行われる。

その他の情報


jrhspeno-02.jpg jrhspeno-03.jpg
上写真の反対側 札幌側
jrhspeno-04.jpg jrhspeno-05.jpg
中間車 旭川側



Copyright 1997-2010 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)