藤山駅


留萌市藤山町に位置する無人駅である。

藤山駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景 深川方面を望む) 駅の風景 留萌(・増毛)方面を望む)
駅舎の内部 駅ノート
藤山要吉の功績をたたえる開拓碑 沿岸バス・道北バスの「藤山」停留所

駅情報

 1面1線構造の無人駅で、普通列車のうち下り1本、上り2本が当駅を通過する。駅舎は木造であるが、この駅舎にはもともと深川寄りに事務室のスペースがあったものの、現在は取り壊されて待合室の部分のみが残っている。

 駅前には国道233号線 (留萌国道) が通り、沿岸バス・道北バスの「藤山」停留所が設けられている。このバス停は留萌旭川線の「快速」便は通過する。また駅周辺には「風土工房こさえーる」 (農村交流センター) や「美・サイクル館」 (ゴミ処理施設) が存在し、そのほかは小さな集落が点在するのみである。

 なお「藤山」という地名はこの地を農場として開拓した藤山要吉 (ふじやま ようきち) という人物の名前に由来するとのことで、駅前には彼の功績をたたえた開拓碑がある。

[2011/02/28,奈サク]
[最終更新:2016/10/14、乗リツ]

隣接駅


幌糠  ←  藤山  →  大和田



Copyright c 1997-2011 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)