模型班活動記録(11.4.10)


基本情報


活動場所 サークル会館255
活動時間 10:00-17:00
参加者 5名

活動内容


  1. 高架駅待避線増設に関するレイアウト考察、配置
  2. 高架線ヤードへの分岐部における信号所、分岐器配置に関する考察
  3. 必要な物資の算定、リストアップ

わかったこと、決めたこと


  • 高架線駅の配線は、予算、物理的要因の二つの理由により、いわゆる「三島駅型」にする。
  • 信号所は簡易なものとし、高架線用のヤードは木材(角柱)により底上げする。
  • 高架線用の総合制御機器は、現在の地上線用に準ずるものとする(ケースはPCのものを流用?)。

今後の課題


  • 板やレール等、必要なものの購入
  • ヤード用パネルの作成
  • 総合制御機器の製作

活動写真

001.jpg
駅と信号所の分岐の形が決まりました。


Copyright © 1997-2010 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)