北豊津駅
函館本線


 長万部町豊津地区にあった駅である。駅ナンバリングはH50であった。

北豊津駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅看板3 (国道5号長万部方面車線側) 駅看板4 (国道5号函館方面車線側)
駅の風景 (函館方面を望む) 駅の風景 (長万部方面を望む)
駅前の様子1 (この先に国道5号がある) 駅前の様子2 (国道5号からの様子)

駅情報

長万部駅から函館方面に3駅目の駅で、ホームは2面2線になっている。隣の黒岩駅から八雲町に入るため、長万部町の端の駅でもある。駅周辺には民家が一軒あるのみで他には何もないが、数人の地元住民によって利用されているようである。

 駅全体が茂みの中に囲まれているため国道5号から駅舎を見ることができない(駅前の様子2)。
 そのため、国道沿いに駅看板が設置されている(駅看板3,駅看板4)。
 駅舎内には駅ノートがあり、秘境駅として全国から訪れている人もいるようだ。

 駅前の道を歩いた先にある国道5号にはバス停があり、函館方面と長万部方面へ行くバスが1日4便運行されている。バス停名は「北豊津信号場前」となっており、駅に昇格してからも変更されていない。

 2017年3月3日をもって廃駅となり、信号場に格下げとなった。
[2012/05/03,斗クト]
[最終更新:2017/01/06、乗リツ]

隣接駅


黒岩  ←  北豊津  →  国縫



Copyright c 1997-2010 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)