幌延駅
宗谷本線


天塩郡幌延町の中心駅であり、かつては羽幌線との分岐駅でもあった。幌延町1条南1丁目に位置する。駅ナンバリングはW72である。

幌延駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景1 (稚内方面を望む) 駅の風景2 (名寄方面を望む)
北緯45度線とトナカイのPR看板 沿岸バス「幌延駅」停留所

駅情報


 2面3線の地上駅である。幌延町の中心駅であり、特急列車を含むすべての列車が停車する。駅舎内にはみどりの窓口があるほか。沿岸バスの幌延バス出張所が併設されている。かつては国鉄羽幌線が分岐し、当駅-留萌間を築別・羽幌経由で結んでいた。なお幌延町は北緯45度線上に位置していることや、町内にトナカイ観光牧場という観光スポットがあることから、駅構内にもこれらをPRする看板が設置されている。

 駅周辺には市街地が広がっている。駅前には沿岸バスの「幌延駅」停留所があり、留萌・豊富方面などへの路線バスが発着している.また駅から東へ300mほど進んだところには、郵便局や沿岸バスの「幌延十字街」停留所がある。なおこの「幌延十字街」停留所は札幌-豊富間を留萌経由で結ぶ都市間バス「特急はぼろ号」も停車する。

[2012/05/03,奈サク]

隣接駅


上幌延  ←  幌延  →  下沼



Copyright c 1997-2014 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)