森駅
函館本線


駅弁の王様「いかめし」発祥の地、森町の中心駅である。所在地は森町本町であり、駅ナンバリングはH62である。ホームからは内浦湾や駒ケ岳を眺めることもできる。

森駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅看板3 のりかえ案内
駅の風景1 函館方面を望む) 駅の風景2 長万部方面を望む)
駅周辺マップ ホームに設置されている鐘
ホームから内浦湾を眺める 明治天皇御上陸地」記念碑
mori_map2.jpg
周辺案内図 (クリックすると拡大可) 名物駅弁「いかめし」
Mori Station Busstop.JPG
「いかめし」の中身 森駅前バス停と函館バス

駅情報


 2面3線のホームに加えて中線や側線もある。駅前にはキヨスクとピザ屋があり、キヨスクには駅弁の「いかめし」のほか「いかめし」の記念グッズ、銘菓「昆布最中」「昆布羊羹」も販売している。「いかめし」はいかの中にうるち米ともち米を入れて調理した駅弁で、当駅のキヨスクや駅前の商店で1個470円にて販売している。駅前は森町の中心街で、駅舎を出て正面にセイコーマートがある。また駅前の通りを少し北(駅を出て右側)に歩くとセブンイレブンがある。

 なお,ホームからは明治天皇の御上陸記念碑を眺めることができる。昔は森-室蘭に定期航路が設定されていて、この記念碑が建てられているところに桟橋があった。そこに明治天皇が桟橋を渡って上陸されたので、記念碑が海上に建てられて現在に至っている。

 駅前には森駅前バス停があり、函館-長万部間を結ぶ函館バスや、森国保病院、森高校などに向かうバスが発着する。 

[2007/12/01,村山 弘]

隣接駅


姫川(廃)/東森  ←  森  →  桂川(廃)



Copyright c 1997-2015 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)