厚賀駅


駅周辺は厚賀の街が広がっている。

厚賀駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景(様似方向を望む) 駅の風景(苫小牧方向を望む)
撮影地の対岸で撮影した優駿浪漫号 撮影地への橋(厚別橋)
厚賀第一のバス停

駅情報


 駅の周辺にはコンビニや飲食店、旅館などがある。駅前にはロータリーがあり、その前の道路上に厚賀駅前バス停と代行バスの厚賀駅がある。代行バスは駅前ロータリーには入らない。厚賀駅前バス停には苫小牧や平取と静内を結ぶバスが停車するほか、日曜・祝日を除いて厚賀駅前と静内駅前の間を往復するバスが1日1往復運行されている。
 駅前の道を新冠方向に歩くと徒歩8分ほどで国道235号に合流し、合流地点のすぐ近くにペガサス号(札幌行)・特急うらかわ号(新千歳空港行)のバスも止まる厚賀第一バス停がある。そこから6分ほど新冠側に歩くとセイコーマートがあり、そのすぐ近くに撮影地の厚別橋がある。この撮影地は北海道の撮影地を扱った本の中でも扱われ、また鉄道ジャーナル2007年5月号にここで撮られた写真が掲載されるなどいろいろなところで見かけることのできる有名な撮影地である。撮影地は厚別橋を渡った先にあるのだが、厚別橋は交通量が多いのに歩道が無く、車が来たら橋にしがみついて待避するか後続の車によけてもらいつつ橋を渡りきるかしかない、という徒歩で訪れるには少し危険な場所にある。
 もともと厚賀というのはこの近くにある厚別と賀張という二つの村の頭文字をとってつけられた名前である(当駅は両村の境界付近に作られた)。また厚別という地名は札幌にもあるが、これは北海道の地名はアイヌ語によるものが多く、元になるアイヌ語が同じ、あるいは似ていれば全然違うところでも同じ地名になるということによる。

[2007/05/04,柏 達哉]
[最終更新:2016/10/30、乗リツ]

隣接駅


清畠  ←  厚賀  →  大狩部




Copyright c 1997-2008 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)