プラクティカル・シューティング・ルールブック


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 コース・デザイン

1.1 一般原則

1.1.1 安全 - プラクティカル・シューティング・マッチは、安全への適切な配慮の元、コース・デザインが為されなければならない。

1.1.2 クオリティ - コースは基本的に、競技者の身体的能力ではなく、実質的なシューティングスキル を、テストするようにデザインされなければならない。

1.1.3 バランス - プラクティカル・シューティング・マッチにおいて、精度とスピードは同等に重要な要素であり、精度とスピードを等しく評価できるように、精度とスピードがバランス良く要求されるようなコース・デザインが為さらなければならない。

1.1.4 多様性 - 同じコース・デザインを繰り返し使用することは好ましくないが、特定のシューティング・スキルの向上を目的とする場合は、この限りではない。

1.1.5 フリースタイル -「見えるターゲットは撃つ」という基本理念があるため、シューティング・ポジション、位置、スタンスなどを競技者に指示してはならない。しかし、バリアなどの構築物を設けることで、競技者の行動に制限をし、シューティング・ポジョション、位置、スタンスを強要することはできる。

1.1.6 困難 - 誰もできないようなシューティング課題は認められない。

1.2 コースのタイプ

1.2.1 一般的コース
1.2.1.1 “ショートコース”は、12発以上、2つ以上のシューティングポジションを、必要としてはならない。
1.2.1.2“ミディアムコース”は、24発以上、3つ以上のシューティングポジションを、必要としてはならない。
1.2.1.3“ロングコース”は、42発以上を、必要としてはならない。

1.2.1.4 コースは、単一の位置・視点で、8つのヒットスコアリングを超えるように、 デザインしてはならない。どのようなコースも、単一の位置・視点ですべ てのターゲットをヒットできてはならない。

1.2.1.5 プラクティカル・シューティングでは、3つのショートコース、2つのミディア ムコース、1つのロングコースという比率でコース・デザインが為されることを推奨する。

1.2.2 特別なコース
1.2.2.1 コースは、マンダットリ・リロードや、シューティングポジション、スタンス、ストロング・ハンド、ウィーク・ハンド・シューティングを指定することができる。 ストロング・ハンド、ウィーク・ハンドの指定がある場合は、指定されたポイント以降のストリング、ステージの残りターゲットを指定された状態で処理しなければならない。

1.3 IAPS承認
1.3.1 IAPS承認を受け取ることを望んでいるマッチ組織者は、コース・デザインの一般原則、IAPSの最 新ルールに極力従い、レギュレーションの適切に従わなければならない。IAPSの基本的原則に従っ てないコースは、IAPS公認のマッチとして公表・公開してはならない。