日本語源流散歩20


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お母さん港'イ消夏と'(磯原)~イ・ナムギョの日本語源流散歩20(機械翻訳)


天気が良いときは釜山(プサン),太宗台(テジョンデ)公園で水平線遠くにとかすかに見える島があるのに,それが対馬島だ。直線距離ですればわずか50kmしかならなくて対馬から福岡までは150kmにもなる。 したがって対馬は日本からより我が国ではるかに近いところだ。ところでどうして日本土地か?

魏志東夷伝を見れば,「対馬は韓国で1千里余りの通り(距離)にあるのに,長さが400里余りで山が険しくて深い森が多くて,道路は獣が通うところのように狭くて家屋は100軒余り程度で,良い畑は一つもなくて狩猟をしながら自活している」で記録されている,ところで本当に行ってみると平たい土地という(のは)殆どなくて山勢が非常に険しくて海と触れ合った地域はほとんどみな絶壁のようになっていた。

対馬の静聴という「イソハラ・朝」(厳原町)も2次だとしかない自動車道路がすべてなので山村の小さい町内同じ印象を受けたが,ここが対馬逃走の宗氏の本拠があった所だ。‘ア,それでこちらの人々は食べることがないから海賊質をしたな'行ってみると理解できることも同じだ。

今でも対馬住民の大部分は漁業と林業で生計をたてていて,日本全体国民の所得水準よりも低い生活をしている。私が30余年前そちらに行った時案内員が言うことを,“昔にはきれいな秋夜明けに耳を傾ければ釜山(プサン)で鶏泣く声が聞こえた”とするのに,その話を信じられないがとにかくそれだけ近いという言葉だろう。 このように地理的に近くて見るから,こちらには韓国語らが原音そのままたくさん残っている。

例をあげれば,「チョコだけ」(チョコマン)という(のは)キーが小さい人をいって,「ノポ」(ノッポ)はキーが偉い人,「両班(ヤンバン)」(両班)はそのまま両班(ヤンバン),「パツル」(バチュル)は畑の草取りをするのを意味するのに,住民たちはこういう言葉をそのまま日常生活に混ぜて使っている。そして対馬を日本語では「ツシマ」(対馬)というのにこの話もやはり‘二石’という(のは)言葉が「二石→置かれますよ→ツシマ」に変わったものという。

古代に渡来人らが玄海灘の荒々しい波と戦ってこちらツシマの厳原港に無事に到着した時,お母さん懐の中のように水が穏やかなこの港がとても有難くて付けた名前が「お母さん」港であったのに,この指名に漢字を付けて「オム院」(厳原)になったし,これを日本語で読んで「イ消夏と」になったのだ。 そういえばこの港は本当に入り江がすっぽり包まれていて一年ずっと波が起こらないお母さんの中同じそのような安らかな港だ。
[2009/05/20]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-20]お母さん港'イ消夏と'(磯原)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=22275&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。