日本語源流散歩19


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウラ米(怨み)~イ・ナムギョの日本語源流散歩19(機械翻訳)


日本人たちが生きながら最も聞きたくない話をぴったり一つ聞けというならば,それは二度話すこともなく'ウラ米'という言葉だろう。この話(言葉)は翻訳すれば'ウォン'(怨)という話で'怨恨,恨み,願望'などが複合的に敷かれられている復讐心を内包した川と恐ろしい言葉だ。そのまま願望だけをするのではなくて'くやしい怨恨を胸に大事に保管していつか時になれば必ず報復する'というあいくちのように恐ろしい意味が隠されているためだ。

ところでこの話の語源が韓国語からきたとのことを分かれば,多分私たちはびっくりするだろう。 そうだ。事実'ウラ米'という韓国語の'なくこと'が変わって良い言葉だ。古代に日本に渡っていった渡来人らはほとんど全部が願った固まった佗びしいということを胸に抱いて離れた人々だ。すさまじい戦いに負けて,または仕方ない絶望の状況の中で,何とも変えることはできない愛する妻子と両親親族らを残して荒い波を(散らす)破って佗びしい故国を背を向けて離れたこれらの辛い胸と燃える憎しみは復讐心に変わって岩のように固まりながら,かろうじて命一つだけで日本にたどり着いて,ちりぢりつぶれた幸せだった夢の日々を悲しんで異国の空の下で泣いたなくことが癌のように固まってなったこの'ウラ米'(怨み).

'近くて遠い隣国! 日本!'あたかも韓国と日本の何の代名詞のように使われるこの話(言葉)は世界どの地域でも多分そのような類例を探してみることができないだろう。近ければ近かったところで遠いのはまた何か? 血も同じで種族も同じで,話も似ていて語順も同じで,子を産めば真っ青にアザができるお尻のモンゴル斑点まで同じだが,どうしてそんなに嫌いでお互いを許そうとしないのか?

日本人たち一つ一つを見れば皆がやさしくて親切でそんなに礼儀正しいが,どうして集団だけなれば人を無視して見下して自分の利益だけを追求して相手方の痛い心を全く推し量ろうとしないか? ここには結局その何かがあるだろう。 そうだ! 同じ同族ながらも千手百年が過ぎた今日までこのように深く嫌って葛藤するのは,この'ウラ米'という話の中に流れる根強い'憎しみのDNA'ためだろう。
[2009/05/13]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-19]ウラ米(怨み)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=21099&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。