日本語源流散歩16


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

汽車~イ・ナムギョの日本語源流散歩16(機械翻訳)


韓国語や日本語は漢字になった用語をたくさん使うから,意味も同じでまたこういう漢字用語らはたいてい音読であるから発音も似ている。例をあげれば,高速道路は'告訴クドウ迂路'(高速道路),汽車は'キシャ'(汽車),運転手は'ウンテンシュ'(運転手),外交官は'カイコオカン '(外交官),動物園は'トブツエン'(動物園),予約は'ヨヤク'(予約),有効期間は'ユコオギカン'(有効期間),下宿は'ケシュク'(下宿),人生は'ジンセ'(人生),病院は'ピョオイン'(病院),歴史は'レキシ'(歴史)等,ほとんどすべての漢字がこれに該当する。

ところで意味は同じでも一部漢字は変えて書いたりもするのに,次がそのような例だ。主人は'某分迷惑時'(持ち主),便紙は'縁加味'(手紙),約婚は'コニャク'(約婚),茶房は'襟サテーは'(喫茶店),花草は'草場や'(草花), 病勢は'ポジョオ',祖上は'小勢は'(祖先に),陽傘は'ヒカサ'(日傘),病は'ピョオキ',丹楓は'煌この五'(紅葉),電子製品は'なったカセぐすん'(電化製品)等で,こういう例もとても多い。

そして似ていた話を繰り返す時日本語は私たちと順序を逆に使う場合が多い。来て行ったという'行ってきた'で' イッタリキッタリ'(行ったり来たり),あちこちは'チョギヨギ'で'アーチマユ'(あっちこっち),座ったり逝去私は'立ったり座ったり'で'タッタリスワッタリ'(立ったり座ったり),食べたり飲んだり増えた'飲んだり食べたり'で'ノンダリグッタリ'(飲んだり食ったり),笑ったりウルゴナは'泣いたり笑ったり'で'ナイタリワラッタリ'(泣いたり笑ったり)という。

4字熟語になった話もこのように変えて使う例が多いが,私たちの賢母良妻は'良妻賢母'で'ヨサイケンボ'(良妻賢母),男女老少は'老弱男女'で'ノジャクダンジョ'(老若男女)という。

また外来語の表現も韓国と日本が大いに違う。例をあげれば,私たちがよく飲む'コーヒー'を日本で'コーヒー'といえば日本人たちはコピーするという意の'鼻血'とわかる。それでコーヒーは必ず'コヒ'といってこそ通じる。英語のカン(can)は'カン'(カン),アパートは'だけショーン'(マンション),卑語(beer)は'鄙陋',セミナー(seminar)は'チェ米'(ぜみ),バイク(auto bicycle)は'バイク'(バイク)という。

英語の'ロマンス'で取ってきた漢字'ロマン'(浪漫)は日本が作った単語で,私たちもこれをそのまま受け入れて'ロマン'(浪漫)という。 近代文化を先に受け入れた日本は多くの新造語を作ったし,こういう用語らはそのまま我が国にも逆輸入された。

たとえば,'ポエキ'(貿易)が貿易,'長いより合わします'(銀行)が銀行,′ワリビキ'(割引)が割引,'フアダリ'(不渡)が不渡りなどで建築,土木,医学,経済,学術系統の大部分用語らは新しく日本が作った新造語らだ。

このように古代には私たちがした者を伝えたが,近代には日本が作った用語を使うように韓日両国はこのように好きでも嫌いでもお互いに影響を与えてすごした隣だ。
[2009/04/22]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-16]汽車
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=17946&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。