日本語源流散歩15


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソウル~イ・ナムギョの日本語源流散歩15(機械翻訳)


韓国のすべての都市は漢字で表記することができるのに,唯一修道人ソウルだけはハングルでだけ表記するだけ漢字語はない。

それで漢字圏国家の東南アジアや日本,中国などでソウルを表記する時あい路が多い。 国際郵便を送る時もソウルだけは英語で'Seoul'と表記する他に別に方法がない。

ソウル オリンピックが決定された時もソウルを'セウル'と発音するのを見て,日本の人々が'ソウル'(ソウル)というのを叱ってばかりはいられないと感じた。

それなら'ソウル'はどこからきた話なのか漢字語がないことであろうか? ソウルは本来'首都'を意味する言葉として,その語源は新羅時代の首都'慶州(競走,傾注)'を'徐羅伐(ソラボル)'といったところで出発したという。

もう少し詳しく話せば,'徐羅伐(ソラボル)'(徐羅伐)の'ラ'(羅)は'国',すなわち国土を意味して'ハチ '(伐)は故大魚で'広い野原',すなわち首都をいったことで,'での国の首都'という意味なのに,この言葉が後で'徐伐'(徐伐)になって,また'ソウル'に変わったという。

ところで日本にもこのソウルが変わった名前の指名がとても多い。 古代カヤ族が日本へ渡ってきて一番最初席を占めたという所が福岡市西側のマエバル(前原)時なのに,こちらは古代の伊都国でその背後にある山が'歳後リ産(山)'(背振山)だ。

この'歳後リ'(背振)という話やはり'徐伐'で来たもので'ソウル'という(のは)話だ。またマエバル市には'カヤ山'(可也山)もあるのに,これもやはりカヤグクの'行ってこそ'からきた話であり,この地域の'カニが'(芥屋)という知名度 '行ってこそ'という言葉が変わったものだ。また福岡市サワラグ(早良区)という知名度'買ってこい'(早良),すなわち'ソウル'という(のは)話で由来したのだ。

旧摩耗も(能本)県にある'阿蘇山'(阿蘇山)は活火山で,火口に火と水が共存していて見る人々に自然の神秘だということを感じさせるのに,古代人らはこの山を'瑞山(ソサン)'と呼んだ。これが歳月と一緒に'所産'で変わって,ここに'偉大な'という(のは)意味の接頭語'ア'がついて'阿蘇山'になったが,これも'偉大なソウル産(山)'という意味から出た言葉だ。

ところで阿蘇山の高さが1,592mで壬辰倭乱が起きた年と全く同じで,我が国の人々は一度聞けば忘れようとしてこそ忘れることはできない妙な山だ。そして我が国檀君神話のように日本の建国神話に出てくる'践祚代わりに'すなわち'アマテラス五大上'(天照大神)の名前を'セオリツヒメ'(瀬織津比羊神)というのに,ここで'数えてくるだろう'とは'数えてくる'すなわち,'ソウル'という(のは)話で,'ス'とは'ウイ','ヒメ'とは'王女'という言葉で,'セオリツヒメ'は古代の慶州(競走,傾注)を指し示す'ソウルの王女'という話だ。

そして二シーンを仕える新宮を'伊勢神宮'というのに,この'伊勢神宮'もやはり本来は'西宮'として前に接頭語 'これ'がついて'で'になって,これが'二世'(伊勢)で変わったものだ。したがって伊勢神宮は'ソウルの王女がおられる西宮'すなわち'ソウル宮'という意味だ。

そのように見れば'ソウル'という(のは)話は韓国では国家の'首都'で,日本では日本建国神話の'国調神(靴)'で,二つともとても大切に両国国民から愛されていることだ。 韓日両国に妙な縁を持っている'ソウル'という(のは)話の意味を新たに再確認してみる。
[2009/04/15]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-15]ソウル
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=16858&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。