日本語源流散歩14


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

木綿と柳(柳)~イ・ナムギョの日本語源流散歩14(機械翻訳)


故大魚には衣類に関するおもしろい言葉もたくさん残っている。 私たちの韓服には粋で長く伸ばして浮かび上がるだろうはひもがあるのに,この'膿'が日本で行けばそのまま'服'という(のは)話の'コロモ'(衣)となる。

'小売り(そで)'とは'牛のに'(袖),'針'とは'下痢'(針),'織機'を'ハタ'(端),'縫う'とは' 迷惑右'(縫う),'無名'とは'某担いだ'(木綿),'苧麻'とは'無視'(苧),'今しがた'とは'歌詞'(笠),'どんぶり'とは'紗羅 '(皿),'瓦'とは'行ってきなさい'(瓦),'御輿(窯)'とは'御輿(窯)'(釜),'ナベ'とは'ナベ'(鍋),'焼く'とは'クベル'(焼る),'銅(九里)'とは'行くよ'(銅),'鉛'とは'ナマリ'(鉛),'鉄'とは'テス'(鉄),'鎖'とは'クサリ'(鎖)でこうした話らは遠い古代には全部同じ発音であったのを知ることが出来る。

この文を書いている今は春だ。 外には暖かい日差しがあふれて,淡い葉を芽のふり泣くヌンスボドゥルがはためいている。

このヌンスボドゥルを日本語では'柳'(柳)というのに,その語源は韓国語の'年限期'だ。 '淡い木',こういう考えてぼんやり外を見ていていたら故郷川辺のポドゥルが思い出す。

"そうとも! この気持ち焚いた。 後方の山に行って'残ること'してこいとのおばあさんのお言葉に籠を持って後方の山に行っただろう。"とても遠い昔のように感じられる私の幼い時期! 国民学校1,2学年の時ぐらいであったか? 今は記憶も特使米沙下(サハ)だ。

古代の百済や新羅時代と政経が必ず同じだったその時期! 長い長い冬の夜灯皿明かりをつけて勉強しようとすればオオカミらが群れを成して村に降りてきてそうするときは子犬らは床下で忍びこんで,ぞっとしたなき声のために恐ろしくてふとんをかぶって外にも出て行かなかったその時思い出が生々しい。

その中でもとても強烈に残っている思い出があるならば,それは虎と二人だけでぶつかり合った事件だ。 '残ること'しに後方の山の渓谷で行って一人で松かさを拾って何かソムチタン感じがして上(胃)を見つめると,3,4mにもなる絶壁の上側の横になった松の後岩で小牛ほどの虎がにらんでいるのではないか!

明らかに縞があったし赤々と燃えるまなざしは一気に圧倒されるほどの威勢であった。瞬間的に感じる危機に背筋が寒くなりながらも松かさをぎゅっと握って共ににらんで,そっと後ずさりをして上手くも無事に逃げて出たその時があたかも夢のようだ。 多分その虎は結局お腹がすいていなかったことだろう。

私は時々難しいことがあれば'それしきのこと何?'と考える。 '虎にも抜け出した私なのに'という自負心が後から支えるためだ。

そういえば自然も,言語も,そして私も今はあまりにも変わってしまった。

"木を'残ること'といったところで-. それで'スベスベするように揺れる淡い木'を'年限嵐気⇒年限期'になったことで,その'年限期'が変わって'柳'になったよ。 音,果たして! そういえば木の特性をよく把握して作った素敵な名前だね! ところでどうして韓国語の'年限期'とは'バードを'に変わったのだろうか?"

その理由はもう少し調べてみなければならないことだ。
[2009/04/08]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-14]木綿と柳(柳)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=15674&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。