日本語源流散歩13


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

愛人(恋人)~イ・ナムギョの日本語源流散歩13(機械翻訳)


国が違えば同じ漢字語であってもその国の風俗(風速)や習慣にしたがって少しずつ変わるはずだ。

例えば'愛人'(恋人)という話は韓国では'愛する人'という意味であり,中国では'夫人'を意味して,日本では'アイジン'として'不倫関係にある人'を指し示す。

また私たちは'恋人や恋人'をほとんど同じ意味で使うのに,日本語の'恋人'と'恋人'は全く違う意味となる。 すなわち,恋人は'故イ肥土'といって'心から愛する人'を話して,恋人は'アイジン'といって'他人に知らされれば困難な関係'の人を意味する。

昔も今も青春男女らが会えば互いに愛の物語をやりとりするのに,このような時の'ささやく'という日本語になればもう少し甘美になって'ササヤク'(ささやく)で'ひそひそ話す'という意になる。

そうするうちに互いに別れることでもすれば胸が崩れ落ちるのに,この'崩れる'とは'ムナシイ'(むなしい)で'虚しい'という意味だ。

'八方美人'(八方美人)という話も韓国では'何でもみな上手にするとても有能な人'であるが,中国では'四方八方から来た美人'を示して,日本では'信頼できない人'という(のは)言葉でとても否定的な意味を持っている。

'龍'(龍)の絵を見ても中国は足の爪が5個,韓国は4個,日本は3個で,'箸'(箸)の長さも中国が最も長くて,韓国,日本順だ。

ことわざの表現も韓国と日本は各自(それぞれ)他の特徴を持っているのに,韓国語の'ひどい目にあう'という日本語では'ダイゆすいだ私担ぐと弟'で直訳すれば'大きい目と会う'であり,悪いことで'手を洗う'とは'ご存知ですよアラウ'(足を洗う)で'足を洗う' となる。

また'顔が広い'とは'顔が広い'で'行って行き来して広井','手の平見るように'とは'手で捕えられるように 'で'デニートルヨオニ'(手に取るように),'血の出る努力'とは'血が染みて出る努力'という意味の'ジノニジムトリョク'(血のにじむ努力),'倒れれば鼻つくところ'とは'目と鼻間'で'メト花崎'(目と鼻先に)となる。銀行で'お金を取り戻す'とは'お金をおろす'で'カネオオロス'(金を下ろす)等こういう例は数えきれない程多い。

ところでおもしろいのは私たちは人が死ねば'亡くなる'というのに,日本は'ナクナル'(亡くなる),すなわち'なくなる'という。

これは私たちの土葬(土蔵(土葬))文化と日本の火葬(化粧)文化が作り出した話で'帰る'とは'土(土),すなわち土に行く'で'前世に住んだ所に帰る'であり,'ナクナル'とは'ジェロなくなる'から出た言葉だ。とにかく韓国語と日本語を比較してみれば同じ意の話もその生活様式により表現方式が違うように発展したことが分かる。
[2009/04/01]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-13]愛人(恋人)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=14503&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。