日本語源流散歩12


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

たてまえ(建前)とウン(ん)~イ・ナムギョの日本語源流散歩12(機械翻訳)


先週'ほんね'(本音)と'たてまえ'(建前)に対して論じたが,本当に日本人たちは並大抵ではなくてその内心を表わさない。 それは長い間の忍苦の歴史の中で体得して感覚的に(なじむ)実らせた生活の知恵ともすることができる。

総てのことを我慢して忍耐して最後まで耐える者だけが勝利できるということを古代日本人たちはよく知っていたし,それが言語の姿に変わって現れたのが'ウン'(ん)という(のは)言語構造だ。

それで日本語は話の最後まで行ってみずにはそれが肯定なのか不正なのか,良いことか悪いことか,こちらなのかあちらなのかをまったく分からないようになっている。

例えば'あるか,ないか'を調べてみる時の韓国語は'あります,ありません'で話の最後まで安価も'イッ,オプ' でその結果が分かるが,日本語ならば'アリマツ'(あります) 'アリマ傾向(税)は'(ありません)でその話の終着駅の'ス'(す) '数えた'(せん)まで行かなければ全く分からないことだ。

日本人と結婚をしたある韓国女性がいるのに彼の最も大きい悩み事は20年を超えて生きてきた自分夫の胸の内が今でもどこにいるのか分からないということだった。

そのように永い歳月を一緒に暮らして子供が大きくなったのにいつも見れば昨日会った人のようだということだ。深い中を与えなくて常に弱点を隠そうと努力する夫を見て時々'一人で'という孤独だということを感じるといった。それと共に韓国の友人らが夫と戦ったとかという不平を聞くときはそれがとてもうらやましくなることさえするという。

本当にそのように見れば韓国の人々は情が多い。 ちょっと親しくなれば腹の中まですべて見せているそのままをみな話す。 当初から率直であとくされがないのが特徴ならば特徴だ。

だから夫婦ならばさらに言うまでもなくお互いがお互いをあまりにもよく分かる。 しかし日本の人々は本当に夫婦の間にも分からないことがとても多いようだ。

この頃日本で流行する'定年離婚'とか'ぬれた落葉'とかする言葉は現代であるためよりは日本人の性格から来る傾向がさらに多いようだ。

私たちは仲が悪かった夫婦といってもひょっとして夫が痛かったり挙動が具合が悪くなれば"こういう男内でなければ誰が世話するだろうか"と死ぬ時まで極力看護してくれる。 とにかく人が生きて'本当に'よりより良いのがどこにいるだろうか?

ちょっと住めなくても互いに本当に与えて生きるということがどれくらい幸せなものか! 私たちのお互い愛しよう。 そうするならば良い点だけ見えようと努力せずに,自らの弱点も率直に打ち明けよう。それでこそ相手方が痛い部分をさわって撫でてくれて慰労するのではないのか。

私は日本人たちの人生が日本語の'ウン'(ん)の構造を作って,その窮極点(店)に日本人の精神構造の'ほんね'と'たてまえ'が生じたことではないか考えてみる。
[2009/03/25]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-12]たてまえ(建前)とウン(ん)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=13309&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。