日本語源流散歩10


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

'種きた'~イ・ナムギョの日本語源流散歩10(機械翻訳)


紀元前4世紀頃,カヤ族によって米作が日本に伝来したという。狩猟でさまよってその日その日を生きていった土着民らにあって農作業で安定した住居生活ができるようになったことは人生の大変革だった。狩猟民族で農耕民族で,原始民族で文化民族での変わるこの時期を日本は弥生時代という。

米作で最も重要なのは'種'であるが,母国のカヤで種が到着した時'種きた'という(のは)話の意味があまり大きくて,この言葉が'幸福'という意味の'シアワセ'(幸福)になった。

'米'で'幸福'という単語を引き出したことだけ見ても,種もみを持って到来したカヤ族らを原住民らがどれくらい尊敬して尊敬したのか察してあまりあるに値する。

だから彼らを神(靴)と敬って神社(紳士)に迎えたことはもしかしたらあまりにも当然の処置ではないだろうか? 日本神社(紳士)の神々が皆到来韓国人であることはこういう歴史的な理由からだ。

私たちは日本の臣事すれば日帝強制支配期時の'神社参拝強要'という痛みのために拒否反応を起こすが,実はその神々が全部韓国人ということを分かれば少しは愉快でないだろうか?

そのように見れば'懐かしがる,思慕する'という意の'市(詩)ダウ'(慕う)も'種甘いですよ'という話で由来したというのに,これも簡単に理解できる。

そして'米'は古代韓国語で'肉'であるが,韓国語の'太る'も'米'で由来したことで,日本語の'贅沢'(幸)すなわち,'幸福'という(のは)話もこの'米'から出た言葉だ。

'種きた'が持ってきた'シアワセ'(幸福),'種甘いですよ'が作り出した'市(詩)ダウ'(慕う)は現代を生きる欲張りな私たちに人生の幸福はそれほど高くないところにあるということを語っていることだけ同じだ。

とても忙しく東奔西走して自身を忘れて生きるあなただ!

簡素な衣食住だけ解決されることができるならばもう少し心の余裕を持って人生の幸福が何か一回ぐらい見て回って生きるということはどのようか? ヤマドリ音と渓谷の水声を聞いて流れる雲をとめどなく眺めるひまな余裕時間を設けるのも,時にはすばらしいことではないか?

'愚かな者は遠いところで幸福を求めて幸せな人は足の下で幸福を育てる'で誰か話したのではないか?
[2009/03/11]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-10]'種きた'
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=11000&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。