日本語源流散歩9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

二四とタンチュー(イネとダンポポ)~イ・ナムギョの日本語源流散歩9(機械翻訳)


農耕文化を持った古代渡来人(カヤイン)らの日本移住で日本列島は急速に狩猟生活で農耕生活に変わって一定の地域に定住することになるのに,この時期を弥生(生)時代という。そしてその時代に使った農耕用語らは今日までほとんど変わらないでそのまま残っている。

例をあげれば‘米の飯’を私たちは今でも田舎では‘白いご飯’というのに,ここで‘この’は日本語の‘この’(稲)すなわち‘稲’のような意味の話だ。それで‘稲すなわち二四がある家’を日本語で‘このナカ’(田舎)というのに,これは農村という意味だ。

韓国語‘血’は稲と似た雑草で,古代には‘ヒ’だといったのに日本語では‘ヒに’(稗)という。 また‘マ’の私たちの故大魚は‘某’,日本語は‘叔母’(薯)であり,‘キュウリ’の私たちの故大魚は‘鴨’,日本語は‘私たちの’(瓜)だ。

そして栽培する時の`屋’と‘クワ’は故大魚では‘再起’と‘クェイ’,日本語では‘スキー’(犁)と‘九と’ (金秋)であり,‘シャベル’は‘サヒ’(銷)または‘スキー’(鋤),‘鎌’は‘私だ’(鎌),‘コと’は‘九老(クロ)’(畔),‘肥料’は‘コ子’ (肥),‘束’は‘みなバー’(束),‘ナムル’は‘私’(菜),‘技量’は‘基肥’(黍)等で,数え上げれば終わりがない。

田舎に行けば新芽が出てくるのを‘芽生える’というのにこの‘ウム’は日本語で‘雨霧’(生む),すなわち‘生まれる’という話だ。そして‘我が家’は減らして‘愚痴’(内)になるのにこの話(言葉)はその用途が大きく拡張されて次の4種類の意で使われる。

最初はチプ′ガジョン'家族'夫などを現わして,二番目は中(案)'内部'胸中'範囲,三番目は間'間,四番目は私たちなどで前後話によりその時ごとに他の意味で使われる。その中でも興味深いのは‘タンポポ’という言葉が‘タンチュー’(たんぽぽ)なのに,これは韓国語の‘みな選んで’で由来した言葉だ。

農家においてタンポポは可愛くもなく美しくもない花なのに,その繁殖力だけはとても強くて根の末が少しだけ残っていても1週間だけ過ぎれば即座に育ってまた花を咲かせる。綿毛のようなタンポポ種は風が吹く時ごとに飛ばしてそのまま置いておけば即座に畑全体がタンポポだらけになるはずだが,それで出てきた話が‘みな選んで’だ。

根元まで選んでしまえとのこの言葉がそのままタンポポの名前がなったので,私たちが見る‘タンポポ胞子なって’のタンポポは美しいタンポポだが,古代人らがみたタンポポはどれくらい憎いプリオットンガを実感することができる。
[2009/03/04]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-9]二四とタンチュー(イネとダンポポ)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=9866&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。