日本語源流散歩6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イラッシャイ(いらっしゃい)~イ・ナムギョの日本語源流散歩6(機械翻訳)


日本を初めて訪問する韓国人らが最も新鮮に感じる2種類挨拶の言葉があるのに,その一つは'イラッシャイ'(いらっしゃい)であり,また一つは'アリガト '(ありがとう)だ。韓国語で翻訳すれば'いらっしゃいませ'と'ありがとうございます'であるが,食堂に街道デパートに街道どこにガーデン聞く人要人のおかげで,日本を嫌った韓国人らも賞賛を惜しまない。

そして何日間旅行をしていればいつの間にかこの言葉に中毒して人々に会う時にこの話しかけなければ何か不足して何となく寂しい感じすらするのは,親切な要人礼法の新筒の魅力のためであろう。

故に日本人たちが韓国にきて商店に入った時,どの言葉も渡さなければどれくらい不安に思うかを私たちは分かって推し量らなくてはいけない。

ところでこの'イラッシャイ'(いらっしゃい)はどうして聞けば'イリオ小異'と聞こえないか? そのように考えて聞けば',そうだな'と帰宅ひらくだろう。実に,この話(言葉)は慶尚道(キョンサンド)のアクセントがいっぱいのせるだろうは'このようにオ牛例'が変わって良い言葉だ。

1970年代までしても慶尚道(キョンサンド)や地方(脂肪)を旅行すれば'こっちにきて,裡里(イリ)キュウリ所,このようにオ牛例,このようにオ・ソイ'のような特有の放言がたくさんあったが,今日はメスコムの発達で全国がソウルの方言で統一されていきつつあって地方(脂肪)ごとの放言は順次消えている。

それで'アリガト'という(のは)どこから出てきた話であろうか? 古代韓国語でとは'お父さん'ので,'高貴な'という意味で,'リ'とは'私たちの'の'リ'で'人'を示す言葉だ。 '伽陀'とは'同じだ'という話だ。

したがって'アリ伽陀'とは'高貴な人のようだ'という言葉で,この言葉が変わって'ありがとう'という意の'アリガト'(ありがとう)になったのだ。

私は日本に嫁にきた韓国人らから"それでも韓国が良いです"という話をしばしば聞いた。彼らは一様に韓国に行けば基本礼儀を守らないことが多くて機嫌を損ねる時も多いが,あった通り胸取り除いて率直に生きるから人生きるようだが,日本は秩序を守って自分がすべきことだけすれば気を遣うことがないから気楽だけれど,互いに弱点を見えないと努力して,表面にだけつきあうからまったく征夷入らないということだ。

それでこれを畑に比喩すれば,韓国は'砂利混ざった斜面畑'同じで,日本は'沃土で覆われた岩盤'同じだという。 しかしとにかく人を配慮して自身を自制することができるのは現代を生きる私たちにあって,特に韓国人にいて最も重要な徳性にならなければならないようだ。

私は'イラッシャイ','アリガト′ガ日本社会を生きる喜びを感じるようにする言葉の真の塩だと考える。私たちもこういう塩をもう少し多く使って'それでも'を抜いた'韓国が良いです'を作り出せば良い。慶日対総長
[2009/02/11]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-6]イラッシャイ(いらっしゃい)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=6401&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。