日本語源流散歩4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミマ(見舞い)~イ・ナムギョの日本語源流散歩4(機械翻訳)


日本の人々は'病気見舞い'行くことを'ミマ'(見舞い)行くという。

これを文字そのまま解釈すれば'踊るのを見に行く'(舞を見に行く)は意になって病気見舞いとは全く合わないのに,これを私たちの古代史の脈絡で解いてみれば簡単に理解をすることができる。昔私たちの先祖らは病気にかかれば厄神にかかったといって,巫女を呼んで'クッ(祭祀)'をした。

1960年代までだけでも村あちこちであったこのクッ(祭祀)は本当にシニ見てもおもしろくて厳粛でもあった神秘的な人神の踊りだった。

たいていこのクッ(祭祀)は3日昼夜を継続するのにこの時の村の人々は全部クッ(祭祀)を見に行ったし,行く時は必ず自宅にある尊いのを何でも一つずつ持って行く習慣があった。 例をあげれば卵,米,雑穀,野菜のようなものらだ。

ところで万一このクッ(祭祀)を見に行かなければ厄神が自分の家に移ってくるかも知れないという不安のために村の人々は皆が参加して'クッ(祭祀)'は村の一種の行事のようになっていた。

巫女らはこういう隣人たちが持ってきた物らを受ける時は丁重な気持ちで受けるという表示で手で心'心'(心)者を使って受けたが,これは隣人たちのきれいな気立てを神に報告して患者のはやい快癒を気持ちで始まるという意であった。

これが誤って伝わって今日日本の相撲(すもう)を見れば,勝った力士が心'心'(心)者の首都を描いて勝者の報酬を受けるのを私たちは日本TVでしばしば見て歴史の流れと変遷を実感する。

このように心'心'(心)者を手で掃くのを日本語ですれば'のにつけるだろう'(手刀切り)というのに,これを直訳すれば,'手で掃く'という意だ。

このように古代社会は私たちが生きる今日のように個人主義でないそれこそ一つの生活共同体で村のひとりの悲しみは皆の悲しみで,ひとりの喜びもやはり皆の喜びになったそのような家族社会であったことが分かる。

したがって病気になれば患者が巫女にクッ(祭祀)値段を出すのではなくて,村の人々が持ってきた物らが巫女の保守になったし,これが古代社会の相互扶助精神だったことだ。今日巫女によるクッ(祭祀)はなくなってもそのような慣習がまだ日本に残って病気見舞いを'ミマ'(見舞い)ということだ。

'クッ(祭祀)'はまた'魂解答(解釈)'ともするのに,'日本書紀'を見れば天武天皇が病気で横になるや魂を呼び入れる招魂祭の'ミダマプリ'をした記録がある。'ミダマプリ'とは'オホムダマプリ'ともするのに,ここで'米'や'五'は尊称接頭語で,'タマ'とは'ホーム'すなわち'魂'(魂)で,韓国語では'魂解答(解釈)'または'厄払い'という話だ。
[2009/01/28]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-4]ミマ(見舞い)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=3855&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。