日本語源流散歩3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チチンプイプイ(ちちんぷいぷい)~イ・ナムギョの日本語源流散歩3(機械翻訳)


古代において巫女の'クッ(祭祀)'すなわち,'騒ぎ立て'は神と人間間を連結して怨みの霊の恨みをはらしてくれたり,悪鬼に捕えられて苦しむ現世人間らに悪鬼を除去して剛健を取り戻すようにする役割をした。したがって巫女は人神と同じ存在であり,まだ私たちの田舎に残っている巫俗信仰だ。

こういう巫女の'クッ(祭祀)'はまもなく'病の治癒'を意味することで,古代にこの'クッ(祭祀)'が海を渡って日本に伝えられて'クッ⇒グシ⇒グスリ'に変わって,病気を良くなるようにする神秘的な利き目を'クスリ'としたし,今日'薬'(薬)という意の話になった。

日本ことわざに'病気は気から'(病は気から)という言葉もあるように,'クッ(祭祀)'は古代の人々の心に育てる強くして病気を良くなるようにする神通力を発揮したのだ。

日本で風邪ひいて病院に行ったが,意志(医師)が'心バイ年齢,ナオルヨ'と話した。 これは'心配しないで下さい,より良いでしょう'という話なのに,ここで日本語の'ナオルヨ'(治るよ)は韓国語の'より良いでしょう'という言葉がそのまま移った良い例だ。

韓国語の'より良いでしょう'を日本語では'ナオルデシオ'というのに,話の意味やニュアンスがほとんど必ず同じで日本人と韓国人の感情の流れに温度差がないことを感じる。

日本の人々は子供が痛いといっても別にたいしたことでない時は軽く'チチンプイプイ'(ちちんぷいぷい)といって痛い部位をこするのに,これは昔私たちのご両親らが"私の手が約手だ"といいながら背中をこすった幼い時期のその姿と似る。 'チチンプイプイ'は鍼を打ってその部位をこするまねたことで,古代日本に針術が初めて伝えられた時の神秘的な光景をのぞくような感じだ。

小さい針のような唾(針)で刺しさえすれば神経痛やリウマチがより良くて,中風に口が帰った人が本来の席に戻るなどの驚異の針術はその当時の人々には一種の妖術とも同じだっただろう。

このような'唾(針)(はり)解答(解釈)'が変形されて'チチンプイプイ'になったことで,これは古代医術の韓国伝来説を立証する良い例だ。

参考で,日本の人々は塀北醤を沸かすために浮かした豆を'鎌も'(ナット)といって好んで食べるのに,私たちはこれをぐつぐつ沸かして'塀北醤'ということ作る。 鎌助けて塀北醤,どれがさらにおいしいだろうか?

鎌回るべたべたして腐った豆においがして,何か知らずおぞましい感じだと韓国人らはほとんどがみなこれを嫌いなのに,日本人たちは塀北醤を沸かせばその臭いがおぞましいととても嫌いだ。
[2009/01/21]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-3]チチンプイプイ(ちちんぷいぷい)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=3204&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。