日本語源流散歩2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ワッショイ(ワッショイ)-新天地に無事に到着した喜びの歓声~イ・ナムギョの日本語源流散歩2(機械翻訳)


日本の祭り(マツリ)で省けないのは'米コーシー'(御神輿)というかごとに。マツリだけなれば全村の人々が訓導時(下だけ分ける軽いパンツのようなもの)姿の原始的服を着て神霊を迎える御輿(窯)(輿)を押して引っ張って,老若男女関係なく'ワッショイ' 'ワッショイ'とする力強いスローガンを叫んで通り(距離)を行進する。

このような姿は日本のあちこちで1年内続けて見られる典型的なマツリ風景だ。 ところでこういうマツリの'ワッショイ'というスローガンを私たちの韓国人らが聞けば間違いなく'ワッソイ' 'ワッソイ'と聞こえる。

そして日本マツリの祈願も大阪付近のカワチ飛鳥(河内飛鳥)に席を占めた渡来人らの'丹芝里(タンジリ)'から始まったという。

古代には日本を'アシバラノ中津拘泥'(葦原中国)と呼んだが,これを文字そのまま解釈すれば'葦が生い茂った中間の国'という話になる。

ここでア市(詩)(葦),すなわち葦は古代韓国語で'新しい'であるが,日本語集の''を加えて'アセ⇒アシ'になって,望んで(原)は韓国語の'ハチ'で'原野'を意味して,これが'ハチ⇒発⇒望んで'で変わったものだ。

したがって'アシバラ'(葦原)は'新しいハチ',すなわち'新しいハチ(土地)'という意だ。

古代人らは日本を'黄泉へ行く中間ぐらいにある国'と考えたようだ。 それで日本へ向かう多くの古代人らは死を押し切った往来をしたし,海中間ぐらいに早ければ'死の意識'を行ったという。

それで無事に新天地にたどり着けば彼らはうれしくて無事に渡ってきた喜びを死なないで無事に'ワッショイ'と叫びまくったし,そのような喜びを全部共に分けたのが'マツリ'の祈願だ。

死を越えて渡ってきた日本だから韓国で葬式に使う悲しみの'賞与'が新しく生まれた喜びを演出する意識の祭りの'米コーシー'に変わった。

日本の津々浦々で祭り時期がくれば声帯が破れろと叫ぶ'ワッショイ'(ワッショイ).. それは玄海灘を死なないで無事に渡ってきた古代渡来人らの喜びの歓声,それ自体だったのだ。

そのためか私は日本のマツリを見る時ごとに,険しい海を渡ってきたこれらの悲壮な覚悟と新しい国に無事に到着した喜びでどうしていいか分からなくてうれしくて暴れる古代渡来人らの生命の躍動のようなものを感じる。

このように死を覚悟してたどり着くのを純粋な韓国語では'(早い)達する'というのに,故大魚では'が違う'でありこれが日本語'イダル'(至る)になったし,'至る'という話やはり'到着する。 たどり着く'という'タドル'(たどる)という話になる。
[2009/01/14]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-2]ワッショイ(ワッショイ)-新天地に無事に到着した喜びの歓声
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=2014&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。