日本語源流散歩1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セノ(せ-の)~イ・ナムギョの日本語源流散歩1(機械翻訳)


我が国では重いことを動かす時や,皆が力を合わせる時は'一つ,二'と次に'三'といいながら力を集中する。

この時'一つ,二'は呼吸を合わせるための信号なので,すぐそばの人にだけ聞こえるほど小さく話して,'三'は大きく叫んで力の統一を期する。

それでこれをなにげなく聞く周囲の人々には'三'という声だけ聞こえる。 まさにこの韓国の'三'が日本語の'セノ'(せ-の)で変わった理由だ。

それで今でも日本人たちは皆が共に力を合わせる時'三-ノー'(せ-の)と叫ぶ。

このように同時に力を集中する言葉は,主に土木工事などでたくさん使われてきたが,今から1千600年前の'仁徳チョン皇陵'でも'ハニンモッ'(韓人池)等の有名な土木工事が古代韓半島から渡ってきた渡来人らによって作られたと'日本書紀'は記述している。

また日本語に'ハナカラ'という話があるのに,この話(言葉)は'初めから'という意で,韓国語の'一つから'という言葉で,'ハナカラ'の'一つ'もやはり古代韓国で伝来した言葉だ。

そして大阪には'我孫子'(我孫子)という指名があるのに,韓国の民族学校の大阪建国学校近所でそちらの地下鉄逆名前も我孫子駅だ。 '我孫子'という指名は日本の東京でも色々な地方(脂肪)にもたくさん散在しているありふれている指名だ。

ところで,韓国人ならば誰でも'親父'といえば"ア~"と即座に分かる言葉だが,日本人たちは全くその意味を分からない。 それもそのはずこの話(言葉)は古代に渡っていった純粋な慶尚道(キョンサンド)放言であるためだ。

慶尚道(キョンサンド)では子供が成長しておとなになれば,たとえ自分の息子といっても名前を呼ばないで'親父' と呼んだし,その'親父の息子'とは'私の孫'であり,これを漢字で書けば'我孫子'であるが,日本はこれを'我孫子'と読む。したがって'我孫子'とは'私の孫が住む所'という意で,韓国語の'親父'と日本語の子供(子)という'鼻'が合わされて良い言葉だ。

こういう合成語の例をもう一つ聞けば,'卵'という意味の'タマで'(たまご)がある。

'鶏'と孫子という話の'マ高'が合わされて'鶏マで'になって,これが'タマで'になったのだ。 したがって日本人たちは卵(孫)-ひよこ(息子)-鶏(両親)という概念で認識していることが分かる。

また,日本語'アマイ・甘い'とは'甘い'という意なのに,韓国語'甘い'と'アマイ′ガ合わされて'甘い'という意の'アマッタルイ'(あまったるい)という言葉が生じた。
[2009/01/07]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-1]セノ(せ-の)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=886&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。