日本語源流散歩30


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

右他家ウォッシュ(疑わしい)~イ・ナムギョの日本語源流散歩30(機械翻訳)


結婚をしなくて独身で過ごす男を未婚の男性というのに,日本語ではこれを‘銃架’(チョンガ)という。結婚したとしても地方(脂肪)に一人で勤めればこれもやはり未婚の男性というのに,例えば博多(博多=福岡)に短信(単身)赴任した人ならば‘ハカチョン’すなわち,博多未婚の男性だと呼ぶ。

娘未婚の男性を媒酌(見合い、仲買)するのは日本も私たちと同じことだが,我が国は大体の身上明細だけ知らせて二人に会うようにした後に互いに良ければ,その時から両家の家庭に対して詳しく調べてみることが慣例なのに,日本はこれと正反対に先に詳細なのを全部調査した後に合えばその時になって見合いする方式を選ぶ。

韓国式は‘なるかも知れないのをあらかじめ詳しく調査する必要が何があるのか?’という合理性にあって,日本式は見合いして合う場合‘その時になって問題が生ずれば相手方に損傷を与えられる場合があるので’とする細心な配慮でだ。そしてその根底には他人に対する‘信頼と疑い’という互いに違う両面性がかくれていることだ。 例をあげれば,どんな商店と取り引きをするといおう。

韓国の人ならば一二度してみて信じるだけのことはあったと思えば全面的に任せて疑わない。それで失敗することがたびたびある。 ところで日本人は絶対にそのようにしない。一例で,とても大きなスーパーマーケットで小さい在日同胞食料品店にキムチ取り引きをしようという依頼がきて大きく好んだが,最初の月に500gの注文がきた。 それも貸金(代金)支払いは45日後で与えることだ。

とんでもなかったがそのまま我慢して数ヶ月を継続したところ,その次には1kgに上がってこのようにして3年になって1ヶ月に1,000kgを納品する主要取引先になったという話を聞いた。これを見て日本の人々は先にこの人が‘どうなのか’と試験してみるのを分かることができる。 ‘どうなのかと思うだろう’を慶尚道(キョンサンド)放言ですれば‘右震えるのかと思うだろう’であるが,この話を日本語で‘右他家ウォッシュ’(疑わしい)で,‘疑わしい’という話だ。

日本でどんなことに成功しようとするならこの‘右他家ウォッシュ’テストに必ず合格しなければならない。 そしてひとまず合格すれば相手方の信頼を得ることになって,彼で日本での事業は半分以上成功したのと違わない。
[2009/07/29]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-30]右他家ウォッシュ(疑わしい)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=33820&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。