日本語源流散歩31


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シカル(しかる)~イ・ナムギョの日本語源流散歩31(機械翻訳)


誰かがこういう話をした。

“ある飲食店に行って一度に自分をはっきりと記憶するようにする方法は何かをけちをつけてかなり叱り飛ばせば良くて,反対にいくらたくさん街道よく記憶できないようにしようとするなら片隅に座って音もなく静かに食事して出てくれば良い”で。

‘果たして!…’気分が悪いことは楽しかった思い出よりさらに長く残るのだから。

菜園の雑草が生命力が強いように,話もやはりできなくて悪い話が生命力がさらに縫ったようだ。 次の話らがたいていそのようなリュに属しないだろうか?

子供たちが騒ぐ時よく‘騒々しい’というのに,慶尚道(キョンサンド)ではこれを‘うるさい’という。この言葉が日本に渡っていって‘クジンヌンダ,叱りつける’という意の‘シカル’(しかる)になるのに,これは古代渡来人らが子供たちに‘うるさい’といった話を‘叱りつけるようで’と分かりやすく解釈したところで起因するのに,九州の熊本(熊本)地方(脂肪)ではまだ原音そのままの‘シカと’(しから)といって‘面倒だ’という意味で使われる。

そして‘間抜け’は‘魂が出て行った人’で‘愚かな者’を称するのに,日本語では‘オロカ’(愚か)で‘愚かだ’という意だ。

また‘卑怯’は日本語で‘ヒキョ’(卑怯)といって,‘卑怯な者’は‘ヒキョモノ’(ひきょうもの)というのに,九州の鹿児島地方では‘おくびょう者’を‘ヒッカビ’(ひっかび)ともする。

‘抜歯銅(九里)’の‘抜歯’は‘パルドゥィックムチ’を話して,‘銅(九里)’は軽べつする時使う接尾辞で今日‘いたずらっ子’に変わった。 ‘抜歯銅(九里)’の故大魚は‘パチグリ’,日本語では‘何時クレ’(端くれ)で‘端っくれ,破片’という意だ。

‘ちょうど遊ぶ女’を‘ちょうど転がした女’というのに,この‘ちょうど転がした’が変わって良い日本語は‘パクレン’(ばくれん)であるが,これは‘仕業が悪い女’を示す俗語だ。

当然こういう女は‘からだを汚す’という意味が含まれているので,ここで‘からだ’の古代韓国語は‘米’であった。

したがって‘からだが汚い’という‘米に’ロ,これが日本語‘米らしく’(淫ら)になるのに,これは‘淫らだ,淫らだ’という話だ。 またここで派生した話が‘ミダレ’(乱れ)で,‘ほつれ,めまい,混乱’等を意味する。

私たちはののしる時,しばしば犬を工面するのに,今でも‘犬のような奴’といえばとても恥辱的な恥になる。 この‘晴れるか’も日本語では‘ケナス’(けなす)になって‘けなす,誹謗する,ののしる’という話だ。 慶日対総長
[2009/08/05]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-31]シカル(しかる)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=34899&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。