日本語源流散歩45


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ひとつ、ふたつ、みっつ~イ・ナムギョの日本語源流散歩45(機械翻訳)


慶尚道に人々は何をくれとする時 'も'と言う. 'でもちょっと度'すれば '私にもちょっと与える'という言葉でみたいな韓国語でも初めには通訳が必要な位だ. こんなに 'くれ'と言う言葉を 'も'ラギもしかし, 時には '株'とも言う. ところで日本語の数字世紀は一から十まで皆 'ドル'と言うこの 'も'や '株'という言葉が付く.

古代大和言語を研究した言語学者朴屏息さんはこの数字世紀を面白い発想で解いた. オリン子供達が最初 '一つ, ふたつ, 三つ'を俳優はのはお母さん胸の中にアンギョソなのに '一から十まで' 世紀のこの言葉は実は 'ヒフミです, 吏務ナナなのゴゴナも'と言う男女間の親しい話を誰かが初めにはいたずらっ気を持つ一字ずつをいじめで 'ドル'と言う言葉をブッヨで作ったはずだする. ここで 'ヒフミ'は子供名前で '吏務ナナなの'は 'この痛い', 'ゴゴナも'は '証拠羅州(それ私に与える)'という意味だ. これを再びプール魚譜なら 'ヒフミですこの痛いそれ私に与える'と言う言葉でこれを一字ずついじめでくれと言った言葉が日本語の '一つ, ふたつ, 三つ…'になったと言うのに次のようだ.

'ヒドツ(一つ), フダツ(二つ), ミッツ(三つ), ヨッツ(四つ), イツツ(五つ), ムッツ(六つ), ナナツ(七つ), ヤッツ(八つ), ゴゴノ-ツ(九つ), 度(十)'でこれを再び古代語で読んで見れば 'ヒドズ, フダズ, 味到株, 尿道株, 利刀株, 武道株, ナナ株, 夜盗株, 考古羅州, 度'になる. とにかくリフレーンのように付けた 'も'や '株'はこのような朴屏息さんの理論が全然グンゴオブヌンの話はいやというのをよくタジョボなら充分に納得するに値する. そしてこの言葉は日本列島に彌生文化を持って来た洛東江上流伽揶族の言葉, すなわち古代慶尚道方言から始まったことだする.

このようにした字ずつポブアネで作った 'ヒドツ, フダツ, ミッツ…度'は日本語の縦書き取りとも脈を一緒にするのにこんな縦書き取りは日本のすべての教科書や, 新聞, 小説などで使われるありこれは平等よりは垂直概念を持つようにする心理的教育法で日本人たちが政府権力に何でも柔順による国民性を持つようにすることと深い連関がある.

今日ハングルや英語は全部横書きなのに比べてまだ日本は縦書き取りを楽しんで行うあり時々横書きするのを言った日本語も見るがこういう時には英語や韓国語のように左側で右側に使うのではない, 逆に右側で左にソナガンダ. とにかく日本文化は分かれば分かるほどミステリーが多いことを感じる.
[2009/11/11]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-45]ひとつ、ふたつ、みっつ
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=48717&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。