日本語源流散歩47


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

'たっぷり'で 'ダップリ(たっぷり)'~イ・ナムギョの日本語源流散歩47(機械翻訳)


故郷を離れる遠く間その様は下という勉強はしないネオンサイン夜の通りに包まれる故郷の彼女を真黒く忘れる親の財産だけ蕩盡するのに, 日本にはこんな子を称える恐ろしい言葉がある.

大学に行って親に小遣いに乗る使うことを '午夜ノース四種類里(親のすねかじり)'と言うのに, この言葉は '親のからすね骨をカックアモックヌンやつ'と言う(のは)意味だ. この言葉の意味が分かればどの小遣いを他書むやみに使うことができるか?

私たち大学生たちに聞かせるたい言葉だ. もしこれよりもっと悪い息子がいたら日本では '間島'感なのに, この '間島'は韓国語にない末路 '戸籍で掘りだす子関係を抹消すること'で初めから父子の間の縁を切ることを言う. このようなさむらい日本の冷厳した金持ち関係は利口だ正しい子には 'アドスギ(後つぎ)' すなわち '後継者'だと言って私は財産を全部その恨み息子に譲るのに, もし息子がまずかったら利口な 'むこ養子'を得る彼を'アドスギ'にしたりする.

話を全部しよう. 私は何の話でもハッピーエンドが好きだ. とにかく蕩児だった彼は歳月が薬だ改過遷善, 昼耕夜読で成功して 'すごい' 贈り物を 'たっぷり' 持つ祖国で錦衣還郷をする. ここで '相当'は日本語で '膠状'(きょうさん)で'たっぷり'は 'ダップリ'(たっぷり)だ.

遠く離れるある時はあまり切実でもなかったが, 故郷が近いほどなつかしき彼女の姿が, 親兄弟姿が目の前においしくなる解けなくなる胸で足は自然に早くなる行く. 児! 故郷はこれで良いことか?

在日韓国人たちの故国愛を思えば私はいつも目頭が熱たくなる. 在日韓国人たちこそ 'ゾングオブヌン砂漠' 日本で一筋オアシスの清水みたいな存在たちなのに, しわ寄った彼らの笑う顔は終える土壁に咲いたカボチャ花のように寛大だ温柔で, 私は彼らを対する度に無限な感動と暮す尊敬を感じる. やっぱり人間は難しい理論や品位あるマナーよりも純朴だ暖かいそんな出会いが真実だガムドングオリン幸せを感じらせるようだ.

私は日本の生活を描く度に祖国を胸で愛した本当に多い在日韓国人たちに暖かさと暖かさを感じる. 労心焦思実家よくできるのをところという貧しい家でお嫁になった娘みたいな人々よ!

君エテウは祖国の '佐藤'(里)で一杯な愛情を盛ってなにとも幸せによく暮らすのを! 'アラアラいらっしゃる!'
[2009/11/25]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-47]'たっぷり'で 'ダップリ(たっぷり)'
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=50779&yy=2009

※この記事はinfoseekの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。