モータードライバ(リレー)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モータードライバ(リレー)

  • 540モータ以上対応
  • 1枚で2チャンネル駆動可能
  • それぞれのチャンネルに上限・下限リミットスイッチ付

回路図




配線図

解説

  • 通信
シリアル通信(RX端子)によりモータの駆動信号を受信しモータを動かします。

  • アドレス設定
起動時にID0,1,2,3の状態を読み込み自分のモータ番号(アドレス)を決定します。決定した番号のモータ駆動信号を受信すればモータ出力を変更します。

  • 動作確認LED
モータを接続しなくても動作確認が出来るよう出力確認LED(D3,D4)を付けています。付けていると製作後の動作確認(準備)が簡単になって便利です。
マイコンのRB6端子に接続されているLED(D10)は電源・通信確認用LEDです。電源がONになれば点滅、モータ駆動信号を受信していれば点灯します。

  • モータ出力
モータは2つの信号線で駆動しています。正逆切り替え(RB1)とスピード制御(CCP1)の2本。リレーにより正逆転を切り替え、FETによるPWMによりスピードを可変速制御しています。




閲覧回数 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル