在宅勤務、パンデミック対策のためのIP-PBX


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

在宅勤務が進んできていますが、まだまだ導入する企業は少ないようです。
また、パンデミックが起こるとオフィスへの出勤ができなくなるということが出てきます。
在宅勤務が可能な仕組みを持つことは、パンデミック対策にもなりますし、オフィスの縮小化や通勤費用の削減など経費削減になり、ひいてはエコにもなります。

BrekekePBXを使うと、在宅で内線電話が使えるようになります。
出張先でもOKです。
BrekekePBXは、”NAT越え”と呼ばれる機能を持っており、
企業にPBXを置き、インターネットで家庭等にあるの電話端末と接続することができます。

例えば、PCで電話できるソフトフォンを使えば、オフィスでも家庭でもホテルでも、
PC1台で、内線電話を使いながら、仕事ができます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。