※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セカンド童貞とは


童貞を捨ててしまった後になることがあるものであり、その存在はまだ証明はされていない。


■セカンド童貞の影響

現在予測されている効果は以下の通りである。

  • 童貞を捨てた後も、童貞の精神を保つことが出来る。
  • 童貞と非童貞の架け橋となれる。
  • 何か吹っ切れる


■今後の展開

「童貞は一度捨ててしまうと再び持つことは出来ない。」との主張や「童貞は恥ずべきもの」との風潮が蔓延しており、これまで自らをセカンド童貞だと公言する者も、積極的に研究しようとする者もほとんどいなかった。

しかし21世紀に入り、価値観の多様化が進展したことで童貞であることの利点(というより、童貞非童貞の差異の無さ)が再認識され、それとともに2007年頃からようやく本格的な研究に入るための準備が始まった。

今後は21世紀中盤にかけて、その実在性の真偽についてから成り方に至る広い範囲の研究が進むことが期待される。


関連項目