※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】Y∀IBA
【ジャンル】漫画
【備考】『YAIBA!』には地球断面図などの地球の輪郭の一部が描写されるコマが多数存在する。
それらの輪郭から測定して弧と弦だけで円の半径を求められる公式、
http://www.lancemore.jp/mathematics/math_011.htmlのr=(c^2+4h^2)/8hからそのコマの地球の半径を求めて、
さらにそこから地球の半径を6356.752kmとして縮尺比率を計算する。その結果、『YAIBA!』での地球では日本は7860km以上の広さを持つことがわかった。
加えて同様の測り方で計算し真・龍神剣の龍状のオーラ、真・龍神剣のビーム、龍神剣の火の火球の攻撃の射程、かぐや(地球)の手の大きさなどを算出する。

【名前】かぐや(地球)
【属性】月星人
【大きさ】地球並
【攻撃力】特殊能力欄参照
【防御力】地球並。以下は地球と合体する前の本体(数百m~1kmほど)のときのテンプレ。
手加減して撃っても魔王半月剣以上の威力のかぐやのエネルギー波をさらに押し返してきた魔王半月剣と
半月剣以上のヤイバの波動の合体攻撃を受けても「少々こたえた」という程度。
【素早さ】地球並(自転と公転のみ?)。
地球そのものとなったので移動した描写はない。
反応は地球との合体前にすぐ隣を横切った刃(真・龍神剣)の動きに対応して一瞬で180度方向転換して
攻撃を当てることが可能だったのでそのくらいと思われる(マッハ16万8千=光速の0.190909…倍)。
【特殊能力】本体(かぐやの真の姿)は数百m~1kmほどの巨体から無数の首が生えているようなものだったが
そこから地球と合体し、地球そのものとなった。よって倒すには地球ごと破壊するしかない。
地球上の海も大地も大気もかぐやの意のままで、ありとあらゆる自然現象も操作可能。
『YAIBA!』の作中で出てきた自然現象は落雷、山の噴火(マグマ)、津波、
都市を陥没させやがては日本を沈没させるほどの大地震・地割れ、広大な灼熱地獄の砂漠、氷結することもある南極の寒気等。
また大地で形成されていると思われる巨大な物質を人間の手のように形どらせてそれを数本ほぼ同時に3000km弱ほど突き出せる(幅は1150km程)。
ちなみに海底から飛ばしてぶつけただけのせいぜい100cm程度の岩でも下記の鬼丸にダメージを与えられる威力。
【長所】もっとでかい
【短所】この状態だと移動した描写はない
【戦法】相手が近づくのをひたすら待って巨大な腕で迎撃。相手が地表に降り立って来たらあらゆる自然現象で迎撃。
あるいは寿命勝ち狙いか引き分け狙い。


参考テンプレ
【名前】鬼丸猛
【攻撃力】剣にエネルギーをタメてビルを一振りで両断する。この状態で剣を地面に
   つきたてると都庁が跡形もなくなるぐらいの爆発が発生。数秒のタメが必要だが
   一度タメてしまえばしばらくはこの状態を保つことができる。
  魔王三日月剣:数百m級の爆発を起こす波動を連発可能。敵を自動追尾する。
  魔王半月剣:三日月剣より強くて日本がふっとばせるらしい半月剣。
       爆発に発生したきのこ雲が日本並みにでかい日本が手前、爆発が奥16巻の描写。
       7860KM爆発級レベルのエネルギー弾。数秒ほどのタメが必要。
       鬼丸が使う魔王剣は前に見たときよりも比べ物にならないほど強く、力を引き出しているらしい。
       つまり上記の7860KMの爆発よりも威力が上の攻撃。
  魔王満月剣:惑星破壊級エネルギー弾。地球上から放って長く見積もっても
       1~2分でほどで土星の衛星を破壊できるほどの射程と弾速。
       地球から土星まで14 億 2700 万 km(2分なら光速の40倍弱)
  真魔王剣:ライトセイバー状態。魔王満月剣をぶった切れる剣と同等の切断力。
       この状態になるとエネルギー弾系の攻撃はできなくなる。
  魔王横一文字:刀を振ることで真空状態を起こし遠方の敵を切断する。
       半月剣を貫いたヤイバの波動を突き破ってその向こうにいるヤイバを切り裂く威力。
       一瞬で巻き起こり肉眼では見ることができない。射程100m以上。
【防御力】魔王剣は惑星破壊級の攻撃を切断できる斬撃を剣で弾ける。
  太平洋上での直径100km範囲の爆発に耐えその後も戦闘続行可能。
  7860km爆発・消滅級の半月剣以上の攻撃を耐える。


【名前】鉄刃(真・龍神剣)
【攻撃力】7860km爆発・消滅級の半月剣以上の攻撃と互角の威力の波動を放つ(射程数百m~1kmほど)。
    本気で撃てば地球を一撃で破壊できる威力の波動を放てる。
    (ビームの直径六百四十km、射程は少なくとも自身の大きさの龍状のオーラよりは長距離、弾速はこれを瞬時)
【防御力】龍状のオーラで常にオートガードされており
    7860km爆発・消滅級の半月剣以上の攻撃でダメージを受けない。
【素早さ】数秒で宇宙まで行って5105kmの高さにまで到達する速度で飛行可能な長距離移動速度。
    地球から土星付近の星に(14億2700万km)まで数秒程度で着弾させる弾速の風雷バズーカのビームが
    50m進む間にそれを見て「ギョゲ」と言うことができる反応(光速の15倍以上)。
    11424km以上の距離を一瞬(遅く見て2秒程度とする)で放てる龍神剣の火球が
    目の前に迫ってきてから回避可能な反応のマンゲツと互角に戦える戦闘速度の刃が
    巨大化で10倍ほど大きくなっても互角に戦闘可能なゲッコーに、その後元の大きさに戻っても互角に戦える戦闘速度(マッハ16万8千=光速の0.190909…倍)。


まとめ
【名前】かぐや
【属性】月星人
【大きさ】地球並み
【攻撃力】地球並み。
【防御力】地球並み
【素早さ】地球並み(自転と公転)。反応速度はマッハ168000。
【特殊能力】本体(かぐやの真の姿)は数百m~1kmほどの巨体から無数の首が生えているようなものだったが
そこから地球と合体し、地球そのものとなった。よって倒すには地球ごと破壊するしかない。
地球上の海も大地も大気もかぐやの意のままで、ありとあらゆる自然現象も操作可能。
落雷、山の噴火(マグマ)、津波、
都市を陥没させやがては日本を沈没させるほどの大地震・地割れ、広大な灼熱地獄の砂漠、
氷結することもある南極の寒気等。
幅1150km以上の巨大な手を数本程同時に3000km以上突き出すことができる。
【長所】もっとでかい
【短所】移動した描写はない

カグヤ(地球) 考察
地球そのもので惑星破壊が出来るわけでもないようなので惑星破壊の下から

× 土の竜 大きさ3000kmの腕だと相手を削りきる前に倒される
× サイバーデスドラゴン 攻撃範囲外から削られて負け
○ 勇者エックス 後攻になるが倒される前に巨大腕で捕まえられる
○ ドロレス 反応速度で勝っている為捕まえて勝ち
○ 人類殲滅システム・ウサギ 寄ってきたところを迎撃勝ち

サイバーデスドラゴン>カグヤ(地球)>勇者エックス>ドロレス