※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】魔術師オーフェンはぐれ旅 我が命に従え機械
【ジャンル】小説
【名前】ポルク・ハン
【属性】巨石歩兵
【大きさ】身の丈10m、腕4本のマッチョ 顔はのっぺらぼうに謎のお札が貼ってあるだけ
【攻撃力】大きさ・外見相応の石像並み。
【防御力】大きさ・外見相応の石像並み。水中活動可能
【素早さ】大きさ相応の鍛えた人くらいの動きが可能。
【特殊能力】自律行動可能。
【長所】凄く高価
【短所】主人公に瞬殺された

68 :格無しさん:2011/06/16(木) 20:15:31.71 ID:SqXVq5tP
ポルク・ハン 考察

○ ぐちゃぐちゃまで 殴り勝ち
○ アルバートサウルスのお母さん サイズは同じだが生身と石の塊ではこっちに分がある
× 近海の主 さすがに大きさ負け
× ハート 10mの岩も壊せるため負け
○ 王国魔導兵器 殴り勝ち というかこいつもっと下じゃないだろか
× フィッシュボーンD 戦法負け

近海の主>ポルク・ハン>アルバートサウルスのお母さん


ちなみに、近海の主とハートだが描写的にハートは14m級の攻撃に
2回耐えてるだけで20m級の攻撃に耐えられるわけではない。
攻撃しあった場合大きさの差でハートの方が分が悪いと判断できる。

近海の主>ハート>ポルク・ハン