※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】漫画『天球儀』にて岡倉陣太の臨死体験
【ジャンル】臨死体験
【臨死体験について】
臨死体験とは人が死にかけた時、人生回顧や浮上・落下、またはトンネルの中にいる夢を見る現象であり
読切漫画作品『天球儀』の冒頭にてトラックにひかれて瀕死となった岡倉陣太も幽体となり一種の臨死体験を見る。
その臨死体験で岡倉陣太が見たのは一見現実準拠のようだが
宇宙にまで飛び出してみると実はその世界は天動説が正しいことになっており、
地球を中心に宇宙全体が回っていたり地球人類から見て太陽や惑星が小さくなっていたりと、
やはり元の世界とは違う世界観となっている。(作中では天球儀宇宙と呼称されている)
宇宙の外側は死者の世界となっており、それの境界線として天球儀宇宙の外側には線がひかれている。


後に生き返って、数年後に宇宙飛行士になった岡倉陣太は地球も回っていることを確認し、
やっぱり死に際に見た宇宙は単なる臨死体験だったのだと喜ぶ。
が・・・・・・。
また、臨死体験の映像内容では
描写上では銀河より大きく描かれていたり岡倉陣太から見て太陽同様に銀河が小さく見えていることや、
地球にいた頃の岡倉陣太は他の人間の大きさと何ら変わりなく
巨大化した設定も描写もないのを考慮するとこの世界観の人間一人のサイズは銀河よりも大きいということになる。
以上により、岡倉陣太の臨死体験を作中作とし、人類は巨大な大きさになっている設定で参戦させる。


【名前】ピコ
【属性】死者の案内人
【大きさ】銀河よりも巨大な男子高校生のだいたい半分くらいの大きさ
【攻撃力】【防御力】【素早さ】大きさ相応。
【特殊能力】不可視。宇宙空間で生存可能。 霊体なら死者の世界(宇宙の外にあるあの世みたいなもの)に送りこむことができる。
【長所】宇宙外追放
【短所】が、それができる相手が限定的
【備考】人外の存在。姿はそっくりだが天球儀の死者の案内人と同じ姿の先生とはあくまで別作品としてエントリーしているので注意。

55 :格無しさん:2011/06/12(日) 08:54:25.77 ID:JAa+sZj2
ピコ 考察
大体銀河(10万光年)の半分 5万光年の大きさで考察

○ 太陽から下 大きさ勝ち
× 神帝ブゥアー 銀河の半分の大きさによる攻撃ではすり抜けてしまう 宇宙破壊負け
× ビクトリーグレイモン 大きさ勝ってるけど攻撃力・反応で負けてる
× 赤ちゃん人間 大きさ負け

神帝ブゥアー>ピコ>銀河破壊の壁