※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】氷になった男(かんべむさし:作)
【ジャンル】短編小説
【名前】ミズコール・サムサ
【属性】ある朝氷になった男
【大きさ】一辺が50cmの立方体の氷
【攻撃力】体当たりぐらいしかできない
【防御力】物理防御:大きさ相応の氷 子供の腕の中から飛び降りた際に体が少し欠けた
     対熱防御:夏の暑さで5cmの大きさに縮んだ 河の中に長くいると身も心も融けてしまう
     対冷防御:氷なので寒いと元気になる 冬の寒さで80cmにまで大きくなった
【素早さ】地面を滑って移動、子供の追跡を何とか振り切った 反応は人並み
【特殊能力】なし
【戦法】体当たり



3スレ目
314 :格無しさん:2011/12/18(日) 13:45:21.79 ID:3NIFbNQy
ミズコール・サムサ考察

○お父様 マムシなら冷たい物には弱い
○エッグマン 全速力体当たりでこけさせて勝ち
△△スヌーピーっぽい犬、白戸次郎 体当たりを避けられ分け
×ケツだけ星人 体当たりの威力の差で負け
△シュシュ 倒せない倒されない
△長靴を履いた猫 当てられない倒されない

ケツだけ星人>ミズコール・サムサ