※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】GetBackers-奪還屋-
【ジャンル】少年漫画

【用語】
バビロン時間(造語) :「違う時間」。赤屍蔵人、来栖柾、呪術王、鏡形而はGB世界の時間軸とは「違う時間」に棲息している。
           そのため普通のGB世界の住人は彼らの動きを捉えたり攻撃を当てたりすることはできず、
           彼らから見るとGB世界住人は止まってる状態に見えたりする。
踏み越えし者:「上」の人間。審判を下す者のことも言う。
「上」の人間:バビロン世界から墜ちて来た者。来栖柾、呪術王、鏡形而と(恐らく蛮の父)などがそうである。
        超越者と違いGBセカイに来たらバビロンの扉を開けなければ上に戻れない。
審判を下す者(ザ・ジャッジ):目に聖痕(スティグマ)を刻まれた者。その者は「聖痕」を以て全てを見届け、真実を伝える役割を持つ。
               そのためそれまではアーカイバによって生かされる。時間軸を乗り越えられるのも一種の力らしい。
超越者:覚醒者。生死の境を超え、あらゆる限界を超え、すべてを超越した者。
    GB世界とバビロン世界を自由に行き来できる。

【世界観】
無限城には無限の可能性による平行世界があり時間軸の中から分岐する(=一次多元)
また、無数の時間軸(×無数=二次多元)と無限の空間(×無限=三次多元)が複数の次元の中で下位的に存在する(三次多元×複数=三次多元×α)
他に複数の世界(グラウンドゼロ、冥界で=2α)があり、無限城で三次多元×α+2α
無限城の外には現実世界と高位現実世界がある(=単一宇宙×2)
そうした奪還屋世界(以下GBセカイとする)で三次多元×α+2α+単一宇宙×2
GBセカイの構造は上記の世界観の世界の外にまた同じ構造の世界が広がっていて、その世界の外にまたより広い同じ構造をした世界が・・・
を内側にも外側にも共に無限に繰り返される(多重宇宙)
外側の世界の多元宇宙は内側の多元宇宙を無限に内包するので外側の世界が一つ増える度に
n次多元、(n+1)次多元、(n+2)次多元…∞次多元となる
この多重宇宙論により(三次多元×α+2α+単一宇宙×2)^無限で三連次×α+(2α)^∞+(単一宇宙×2)^∞
さらにそのGBセカイの通常のものの他に分岐として初期化の前触れとして無限に広がる砂漠世界が存在する。
GBセカイが無限の広さということになるので最大値ルールにより、世界観相応の広さとなり、この砂漠世界は一次多元三連次×α+(2α)^∞+(単一宇宙×2)^∞となる。
そのようなGBセカイは魔境により無数に存在する(×無数=一次多元三連次×α+((2α)^∞)×∞+((単一宇宙×2)^∞)×∞)
また、GBセカイを一つの次元とみたのがバビロンであり
GBセカイは無限城以外基本的にはバビロンと完璧に近い形で同じである
つまりバビロンはGBセカイから無限城を抜いた世界観(=単一宇宙×2)
よって合計で一次多元三連次×α+((2α)^∞)×∞+((単一宇宙×2)^∞)×∞+単一宇宙×2である



【名前】アーカイバ・THE・CLOCK
【属性】刻の支配者。セカイの神。
【大きさ】直径5m位の球体
【素早さ】セカイの時間軸を支配しており、
     バビロン時間に生息する者にも干渉可能。
    (幾多にもある時間軸の管理権限を他のものに与えたりもした)
    時間無視キャラの戦闘中に会話などが普通にできるので時間無視
【特殊能力】セカイを操る(世界を運行するシステムのため発動は常時)
セカイを作った始まりから終わりまで
セカイの「刻」を自分のシナリオ通りに支配し、
セカイで起こるすべては、アーカイバの意思によって支配されている
また世界を消して再構築可能。本体はバビロン世界にいる。
【長所】女言葉で話す
【短所】アーカイバ=キバヤシ説




3スレ目

324 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 18:52:36.08 ID:TD+8+1p9
アーカイバ 考察
連次なのでやはり現状トップ

アーカイバ>アザトース>ヨグ=ソトース=バブズ>コブラ

325 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2012/01/10(火) 02:01:04.41 ID:0bnjfOqo
>>324
アザトースやヨグ=ソトースも連次だぞ
規模は勝ってるから位置は変わらないけど



人外@wiki名無し
>>324-325
ランキングは アーカイバ>アザトース>ヨグ=ソトース=バブズ>コブラ
の流れみたいだけど
ランキングページ見るとしょっちゅうアザの位置が下位に戻ってるなぁ
アザトースのページ内編集も過去の弱い版(?)に差し戻されてるし混乱する