※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】MONSTER HUNTER
【ジャンル】ファミ通文庫から発売されたノベライズ
【名前】リオレウス(赤)
【属性】飛竜、空の王者
【大きさ】全長1600~1700cm、全高400~500cm(巻末資料より)
【攻撃力】並の鎧ならば足や翼の爪で紙のように引き裂く。
火炎弾:自分の爪で全く破壊できず、鉄が溶ける熱でも表面しか溶けないほどの金属で出来た砲台を、粉々に吹き飛ばした。
    自分が飛ぶより上の速度はある。 100メートルほどの射程はあるだろう。
【防御力】
かなり鍛えた人間でもかなり重く感じるほどの量の火薬が樽に入った爆弾を、二発同時に腹の真下で爆発させられても腹部の甲殻が剥がれ、
多少のダメージを受けるくらいで戦闘可能。
人間の腕が吹き飛ぶような弾丸を片目に撃ち込まれても戦闘可能。甲殻に当たれば弾き返す。
全長5~6m、全高2mの肉食恐竜を一撃で黒こげにして焼き殺すほどの炎を噴く槍で甲殻が剥がれた腹を刺され、そのまま引きずり倒されても戦闘可能。
人間大のハンマーを、かなり鍛えた人間にも目視できない勢いで顔面に叩き込まれても自分の顔が半分地面にめり込んで少し甲殻が剥がれるくらいで
即座に尻尾で反撃可能。
甲殻の耐熱性は鉄が軽く溶け崩れ、自分の爪で破壊できない金属ですら表面が溶ける熱を受けても全然平気で溶けもしないほど。同族の爪でも破壊できない。
【素早さ】大きさ相応の肉食恐竜レベル。大きさ相応の鳥くらいの早さで飛行可能。
【特殊能力】火を吐いた際に焼けただれた喉も数十秒ほどで回復するほど早い再生。
威嚇咆哮:聴いた相手の本能の部分から恐怖を引き出し、筋肉を硬直させて数秒間立ち竦ませて動けなくする。
     「鍛えてもどうにもならない本能の罠」、「人が持っている動物的な部分を恐怖させる」とあり、達人クラスでも確実に止まる。
     短時間に何度聴いても硬直し、身体が動かなくなるのは慣れでは防げない。人間には有効だが同種の飛竜や他の飛竜には
     効果が無かったため、人間以外の動物にはただうるさいだけ。射程は自分中心に100mほど。
     作中ではリオレイア、リオレウス、モノブロスがこの咆哮を使用している。
【長所】けっこう強い
【短所】中級への関門程度の実力でしかない
【戦法】空中から炎吹きまくる


4スレ目

102 :格無しさん:2014/11/05(水) 16:49:37.14 ID:Q61iGo8T
赤リオレウス考察
 4斗樽が36リットル入るらしいのでまあ36㎏くらいの重量の火薬が樽爆弾に入っているのだろう
 黒色火薬1kg当たりの爆発エネルギーは調べても載ってなかったがまあダイナマイトよりはマシだろう

○ロボット戦車 火球勝ち
○バナナワニ 火球で勝ち
○ジン 火球勝ち
○ユートム 光線銃は効くかもしれないが、まあ火球でスクラップに出来る
○ゲルニカ 遅いので火球で蒸し焼き
○雷火軍曹 火球勝ち
×マンティス 素早すぎ。空刃波で羽を攻撃されたらきつい。
△再生バットマン すばしっこくて攻撃当たらん
○ジッポー 火球に巻き込んで勝ち
○デスゴール 火球で焼きまくり勝ち
△北風 わからん
○ドラゴン 火球勝ち
×ガイサック 砂に潜られビームで羽を突き破られて撃墜
○バラゴン 火球で何とかいけるか
×スペースウーマン 射殺負け
×キレネンコ 岩で撃墜され殴られ負け
×コリー 大きさ負け

スペースウーマン>ガイサック=バラゴン=赤リオレウス>ドラゴン(MONSTERS)