※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【玄関】

●玄関での案内における言い回し2点について
  • 説明:変更なし。文章の癖として、あえて普通ではない言い回しで注意を引く手法になっているためです。

●外観部の説明文について
変更前:緑化された都市部(中略)ごくささやかなと言ってもよい佇まいを構えている。
変更後:(前略)宰相府はごくささやかなと言ってもよい佇まいを構えている。
  • 説明:「宰相府は」の位置のみ意見に添う形で変更。文章が長い点については迷いましたが、1つの流れとしてまとめる意図で1つの文章にしておこうと考えた結果、句点を省きました。

【中庭】

●「お昼休みなんかには(後略)」の表現について
変更なし。庭のページなので、「庭の」と付け足さなくてもでも意味が伝わると考えました。

●「あの方は頼りになるけど」の表現について
変更前:「あの方は頼りになるけど」
変更後:「あの方は頼りになりますし」
  • 説明:ACEへの心情面の配慮は非常に大事な問題なので、意見に添う形に致しました。

●「女の子ばかりなので」の表現ならびに設定矛盾について
変更前:「女の子ばかりなので」
変更後:「女の子が多いので」
  • 説明:逢い引きのポイントでも指摘されていましたが、宰相府は女の園!というイメージに押され、設定的に秘書官には男性もいるというのをすっかり忘れておりましたので(反省)、このように訂正いたしました。表現については年齢を問わず女の子で良いではないかという男の子からのロマンを込めました。

●「でもでも、ジツは…(後略)」の文章について
変更前:「さあさあ皆様、れっつ・逢い引きのチャーンス!」」
変更後:「だから職員の間で逢い引きに人気なんですけど…でもでも、皆様見に来ちゃいやですよー?」「んん、あー、もっとも私は相手がいないので、別に構わないんですけどー(棒読み)」
  • 説明:一般人が入るには施設利用料が必要なので、オフィスラブで利用されているスポットという方向に切り替えました。

●「建物の外側にある風景」について
  • 説明:該当の一文自体不要と判断し削除。単に庭ではない敷地内ということを示したかったので、混乱を招く可能性があるならない方がスマートにもなると考えた結果です。

●「と心の片隅にいてくれる」の表現について
変更前:と心の死角にいてくれる
変更後:と心の普段は意識しない場所にいてくれる、
  • 説明:表現としてより意図した形に近いものへと変更いたしました。

●「手続きがなければ立ち入れない」のら抜き言葉状態について
変更前:立ち入れない
変更後:立ち入ることができない
  • 説明:適切な形に修正いたしました。

【施設内部】

●「ああ、いえ、卑下をしているわけではないのですが」の下りについて
変更前:「麗しき御姿は、私共とは比べ物にもなりません。 ああ、いえ、卑下をしているわけではないのですが」
変更後:「その麗しき御姿は、無論私共などとは比べ物にもなりません」
  • 説明:王女殿下を堂々と誇る形にいたしました。帝國臣民たるもの、これぐらいでなくては、という考えで言葉を通す感じです。

●「似姿とはいえ」について
  • 説明:スマートにするべく該当の部分を削除いたしました。元々の意図は王女殿下の偉大さの強調のためのくどい強調でしたが、スマートな方が堂々と誇っている感じになるため意図した文脈の流れに改めて揃えた結果です。

●イラストに男性がいる件について
  • 説明:中庭の説明文を変更することで不自然ではないように致しました。

●「(前略)用件を言ってから中へ入りましょう」の下りについて
変更前:用件を言ってから中へ入りましょう。
変更後:用件を仰られてから中へ入りましょう。
  • 説明:敬語にいたしました。

●「(前略)食事を取れるよう」のら抜き言葉状態について
変更前:食事を取れるよう
変更後:食事を取ることのできるよう
  • 説明:適切な形に修正いたしました。

●「内部の案内をさせていただきます」
変更前:案内
変更後:ご案内
  • 説明:丁寧語にいたしました。

●全般における「塔→棟」への表現揃え
  • 説明:適切な形に揃えました。(塔ではなく棟というような建物の形状でしたので)

●「アヤフジとフジトラというそうですが」の下りについて
変更前:「厩舎には現在、雷電が2匹います。 アヤフジとフジトラというそうですが、許可がないと入れません。」
変更後:「厩舎には現在、アヤフジとフジトラという2匹の雷電がいます。ここには許可がないと入れません。」
  • 説明:知っているものについて語っている口調としては相応しくないためより断定的にいたしました。

●露天風呂の男女の仕切り不在について
  • 説明:宰相府内で万一モラルハザードが起きるとまずいので仕切りを追加したいと思います。チェック完了後の再修正のタイミングで対応させていただきます。
  • 補足:打ち合わせの際に最終版としてご説明したアップロード済みのものについては、文章のみ最新で、イラストが一部古いままだったことに気付きました。誠に申し訳ありません、こちらの問題もチェック完了後の再修正のタイミングで対応させていただきます。

●「お楽しみいただけたら、幸いです」の文章について
変更前:「お楽しみいただけたら、幸いです」
変更後:「お楽しみいただけたなら、幸いです」
  • 説明:より文章として読みやすいと思われる形に修正いたしました。

●内装説明の「壁紙は~」の下りについて
変更前:「壁紙はベージュを基とし、床は木製やタイルなど、落ち着いた温かみのある色である。 」
変更後:「壁紙はベージュを基調に、床は木製やタイルなど、落ち着いた温かみのある色で内部を統一している。」
  • 説明:より説明的な文章に変更いたしました。

【地下】

●「そこはあらゆる科学が~(後略)」の文芸表現とイラスト(チューブ等の存在)の設定矛盾について
変更前1:「そこはあらゆる科学がその力を失う場所」
変更後1:「そこはあらゆる通常の科学がその力を失う場所」
変更前2:「ここでは全ての科学がその力を失う」
変更後2:「ここでは私達の知るはずの科学がその力を失う」
  • 説明:設定矛盾の出ないよう表現を変更いたしました。

●誤記「帝国」→「帝國」へ正しく揃えました

●けしてない
変更前:「けしてない」
変更後:「決して無い」
  • 説明:表現を揃えました。

【おわりに】

変更前:「こんなところで日々を送っています」
変更後:「この宰相府で日々を送っています」
  • 説明:案内文としてより相応しいよう、明確に対象を指定する形に表現を変更いたしました。