※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじめに

  • 現在、医療の現場で「笑いやユーモア」の大切さが認識されつつあります。「笑いやユーモア」は、人の免疫力を高め、病気の予防や回復に役立つと言われています。患者さんやそのご家族を励ますだけでなく、医療従事者の心も癒します。今回、名古屋に拠点を置く道化師集団「プレジャーB」を招き、「医療にユーモアをどう生かすか」を考える機会(コメディー・クラウン・サーカス&医療コミュニケーション研修会)を計画しました。一見、医療に関係ないと思われる道化師(クラウン)が、卓越したコミュニケーションテクニックで病院の空気を変え、「笑い」の空間を作り出します。ホスピタル・クラウンと呼ばれる活動です。そのテクニックを学び、医療の現場に生かせば、鹿児島の医療にとって大きな利益になると思うのです。

  • 計画の概要に目を通していただく前に、少しでも読みやすくなれば・・・と思い、解説のページを設けました。ホスピタル・クラウンに関する記事やプレジャーBの紹介を中心にまとめています。今回の計画をご理解いただく一助になれば幸いです。