kajikaji11 @ウィキ 地域総合科学科プレスクール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

専門科目の説明(一部)

簿記Ⅰ、会計学

どんなこと?

企業でお金の計算をするために必要な技術です。毎年のように、「簿記のできる人」という求人が来ます。

どんな科目や技術と組み合わせる?

企業で就職する人は、役に立つ日がきっときます。
福祉系の仕事でも観光系の仕事でも、その他の必ず役立ちます。

興味がないと思っている人も…

担当の榎本先生は、数学が苦手だったそうです。
それから、ビジネスの世界でコンピュータの技術を生かして就職したいと思っている人、例えば、表計算とかプログラム開発とか。ぜひ簿記を勉強しましょう。簿記を知っている人は、プログラムの業界で、大切にされます。プログラムの知識がなくても、簿記を知っていれば、プログラマーになれることもあります。情報リテラシーの先生は、プログラム開発の会社からやってきていて、これまでも、卒業生が就職している実績もあります。
私たちの学科からプログラマーになれる、ということをよく覚えておいてください。

情報コミュニケーション

どんなこと?

ビデオ撮影を通じて、言いたいことを見せる、ということを学習します。学内のいろいろなシーンを集めて、後(後期)で、ウェブ(インターネット)で公開する予定です。

どんな科目や技術と組み合わせる?

時間割がうまくいけば、デザイン系の科目と組み合わせるのがいいでしょう。
見せる技術というのは、どんな仕事や場面でも役立ちます。自分の子供のビデオ撮影だって、かっこよくないと、すぐに飽きてしまうでしょう。

ついでに一言

ビデオ撮影+編集は、結構ディープな楽しみです。高校時代に放送部だった人は分かるでしょうが。前期の授業では編集まではたどりつかない予定ですが、興味のある人は、担当の三浦先生に相談して、課外活動で編集を楽しんでください。
それから、ホームページを作りたいのに、科目がない!と思っている人。後期からHTML演習Ⅰという科目名で、週2時間、勉強します。それまで、デザイン心を養っておいてください。
なお、後期の必修科目である、情報リテラシーⅡでは、ブログというホームページの作り方を全員に教えます。

プロダクトデザイン

どんなこと?

まず、みんなで集まって、わいわいと身の回りのことを考えながら話し合いをします。何を話すかというと、例えば、「きらめき」について話したりするわけです。どんなものがきらめいて見えるかとか、なぜきらめいて見えるのかとか。最後は、きらめいたものを自分で表現してみます。とまあ、こんな具合です。

どんな科目や技術と組み合わせる?

色彩学との組み合わせは、普通でしょう。コンピュータグラフィックスやビデオ表現の勉強をしたい人も、デザイン力が重要です。でも、基本的にはどんな科目とも組み合わせられます。会社のワープロ文書だって、文字の大きさ、種類など、表現デザインの仕方一つで、あなたの評価は全然変わります。

介護と住居

どんなこと

福祉住環境コーディネータの資格のための勉強をします。資格の内容については、下のページに説明があります。
http://www.kentei.org/fukushi/

どんな科目や技術と組み合わせる?

建築デザインの資格を取りたい人も受けます。必修。
訪問介護員(ヘルパー)の資格に必要な科目の一部です。

興味がないと思っている人も…

自宅にお年寄りがいる人、リホームをしたい人。

建築入門

どんなこと

とにかく、建築に関するいろいろな面白い話を、ちょっと変わった先生がお話しします。先生をみるだけでいいので、一度、のぞいてみてください。おもしろそうだと思ったら、建築系の他の科目も受けてみてください。

興味がないと思っている人も…

どんな人も、絶対に家に関する知識が必要です。建築の知識は必ず、絶対に生活に役立ちます。
建築系の先生方は、基本的に、まったくの初心者を対象に授業をします。