※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


寄る年波

(よるとしなみ)

分類1【言語全般】 
ジャンル1【一般】 

年をとることを波に例えていう寂しい言葉。
こればっかりは30年以上生きないと、感じるのは難しい。
不老不死は夢の世界、形有るものなんとやら。
人間の身体は赤子から徐々に成長し、20歳までに既にピークを過ぎてしまい、あとの余生は更にゆっくりといろんな機能が下降していくという。
しかし実は時を(年を)早く感じる機能だけは、年々向上していってる(筈だ)。
登録日
2004/09/24