※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


モグラ獣人

(もぐらじゅうじん)

分類4【人称】 
ジャンル2【仮面ライダー関連】 

地中を自由自在に移動する事ができるゲドンの怪人。
仮面ライダーアマゾンの5話で初登場。「ちゅちゅ~ん」と鳴く。
アマゾンライダーに敗れ、処刑されかけたところを、アマゾンライダーに助けられ、最初は情けを拒否するが次第に心を開き、アマゾンライダーの味方となった。
20話でキノコ獣人から解毒剤に必要なカビを奪おうとしたがやられてしまい、細菌に苦しみながらも必死でアマゾンライダーの元にカビを届けた勇姿に感動した。
その後すぐに解毒剤が完成し、それをアマゾンライダーが飲ませようとしたが、モグラ獣人は「無駄だ、俺には無駄だ」と言ってそれを拒否して息絶えた。
子供ながらにテレビの前でなんで飲まんのやと叫んだものだ。
壮絶な戦死では無かったが感動した。
登録日
2005/05/20