※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ベイカー街の亡霊

(べいかーすとりーとのぼうれい)

分類5【題名】 
ジャンル3【名探偵コナン関連】 

劇場版名探偵コナン6弾、2002年4月20日公開。
100年前の霧の都ロンドンが舞台となる体感シミュレーション・ゲーム『コクーン』の中で、コナンがホームズやモリアーティ教授と対面。
体感ゲーム内と現実世界の二元で繰り広げられる、激しく現実離れさせた設定で広大なスケールの異色作。
脚本を江戸川乱歩賞作家の野沢尚が担当したのも話題となった。
最後のコナンとヒロキの会話は、すごく深いものがある。
この作品のテーマとも言えるようなものが重く伝わってくる深い会話で、自分が最も好きな場面だ。
そしてヒロキが最後に口走った「さようなら工藤新一」
劇場で初見の時に、思わずおおっと唸ったのを覚えてる。
ラストは人工頭脳はまだ存在してはいけないと自らを…。
ヒロキ自体の話はせつなくて哀しいものだったけど、あのコナンとヒロキの会話が最後に救ってくれた感じで、心に残るあったかくて良いシーンだった。
登録日
2006/01/15