※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


人間万事塞翁が馬

(にんげんばんじさいおうがうま)

分類1【言語全般】 
ジャンル1【一般】 

人生では思いがけない事が幸福を招いたり不幸に繋がったりして、誰にも予測はつかないということわざ。
『塞翁』は中国北の国境近くに住んでいた老人の事。
ある時その老人の馬が逃げてしまったのが不幸。
まもなくその馬が優れた一頭の馬を連れて戻ってきたのが幸福。
ところが老人の子がその馬に乗って落ちてしまい怪我をしてしまったのが不幸。
だが怪我をしたお陰で戦争に徴集された若者達のほとんどが戦死したというのに老人の子は兵役を免れて死なずにすんだのが幸せ。
まさに人生、楽ありゃ苦もあるさ~、といった感じ。
全てこの言葉を胸に楽天的に考えれば楽なもんではあるが、不幸は続く場合は立て続けに続く事がある。
そうそう前向きには考えられない状況だってある。
でもそれが幸福感を増大にさせるというか、幸せだと感じる目安になるのも事実なんだろう。
不幸を感じずして幸せを感じる事が出来ないとは皮肉だ。
登録日
2004/04/27